sponsor link

sponsor link

アフィリア・サーガ ~アヤミ・チェルシー・スノウ卒業Live~ in 赤坂BLLITZ 2016.2.5



★アフィリア・サーガ★

アフィリア・サーガ

ライブレポート

2016年2月5日。赤坂BLITZにて開催された、アフィリア・サーガ「アヤミ・チェルシー・スノウ卒業Live」を取材させていただきました。

「エシカル~ありがとうを伝えたい~」でLIVEは幕開け。まさにこのLIVEにピッタリな選曲です。会場はアヤミさんのイメージカラーでもある黄色のサイリウムで輝いていました。アヤミさんが曲途中にファンのかたに想いを伝えており、少し涙ぐんでいる姿がとても印象的。

MCではアヤミさんから「恋をこじらせたメドレー聞いてください」との一言があり、アフィリア・サーガのメドレーがスタート。曲中に台詞がある「恋をゲームンしないで!」、アップテンポナンバーの「ワタシ☆LOVEな☆オトメ」、切ない歌詞が印象的なミディアムナンバー「転校ガール」などを披露。

メドレーが終わったところで、アヤミさんがソロで「飛行練習~Learn To Fly~」をバラードverで歌い上げてくれました。オリジナルとは違うバラードverは、アヤミさんのきれいな歌声ととてもよく合っており、その歌声に思わず鳥肌が立ってしまうほど。

バラードから一転。サビに近づくにつれて盛り上がりが増していく「ネプテューヌ☆サガして」を披露すれば、ファンのボルテージはどんどんと上昇していきます。クラップも入ったり、中盤を迎えても盛り上がりはまだまだ衰えません。「恋のWizard百年戦争」ではファンの方に煽りを入れたり、笑顔溢れているメンバーの姿からは、LIVEを心から楽しんでいる様子が見られました。

アヤミさんから「どうしても15人で踊りたくて(セトリに)入れてみました」との言葉から、次の曲はアップテンポナンバーでもある「Jumping」。曲名通りに、ジャンプするファンが続出。新メンバーを含めた15人によるパフォーマンスは、1人1人の熱い想いがひしひしと伝わってきました。

「ヴィーナスと蒼き七つの海」ではメンバーからアヤミさんにハグをしたり、メンバー全員の弾けるような笑顔がとても印象的。

ここでメンバーからのサプライズでメッセージムービーに、色紙や花束が贈られました。BGMには「飛行練習~Learn To Fly~」のバラードが流れ、メンバーとファンで大合唱。アヤミさんの卒業を会場にいるすべての人がお祝いしていました。

これで終幕…かと思えば客席から「ちょっと待ったー!」の声が。ファンの人かと思えば、その声の主はアフィリア・サーガのプロデューサーの桃井はるこさんでした。これにはメンバーや会場にいたファンの人たちも驚きを隠せず。

桃井さんからの発案で、最後の曲は急遽「飛行練習~Learn To Fly~」のオリジナルverを歌うことになり、メンバーとファンが笑顔で大合唱。しっとりした雰囲気ではなく、最後はこの日1番の盛り上がりを見せLIVEは幕を閉じました。

大人数だからこそできるダイナミックなパフォーマンスに、可愛さもカッコ良さもあるアフィリア・サーガ。曲のレパートリーも多く、1度見れば彼女たちの魔法にかかってしまうこと間違いありません。

sponsor link




「アフィリア・サーガ~アヤミ・チェルシー・スノウ卒業Live~」
2016年2月5日 赤坂BLITZセットリスト

  • 1.エシカル~ありがとうを伝えたい~
  • 2.禁断無敵のだーりん
  • 3.女神さまのポイントカード
  • 4.ハツコイ///ストライプ
  • 5.恋をゲームンしないで!
  • 6.ワタシ☆LOVEな☆オトメ
  • 7.倍速恋愛時計
  • 8.Triangle Wave
  • 9.転校ガール
  • 10.飛行練習~Learn To Fly~(バラードver)
  • 11.ネプテューヌ☆サガして
  • 12.La*La*Laラボリューション
  • 13.恋のWizard百年戦争
  • 14.約束のあの空の果てへ
  • 15.Embrace Blade
  • 16.Jumping
  • 17.Spark In My Heart ~世界が終わるとしても~
  • 18.ヴィーナスと蒼き七つの海
  • 19.飛行練習~Learn To Fly~


  • 写真:千田 俊明
  • 執筆:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶アフィリア・サーガ取材レポTOPへ

sponsor link





突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る