sponsor link

sponsor link

赤マルダッシュ☆「東京Princess GIG♪」in アキバカルチャーズ劇場 2016.1.30



赤マルダッシュ☆

赤マルダッシュ☆

メンバープロフィール

  • 川村 彩花
    ★川村 彩花★
  • 北澤 鞠佳
    ★北澤 鞠佳★
  • 玉城 茉里
    ★玉城 茉里★
  • 大西 菜友
    ★大西 菜友★

ライブレポート

2016年1月30日。AKIBAカルチャーズ劇場にて「東京 Princess GIG ♪」が開催され、このイベントに出演された赤マルダッシュ☆を取材させていただきました。

1曲目は「赤マル 急上昇ダッシュ!!!!」からスタート。赤・緑・黒・白とメンバーの担当カラーが反映されている歌詞にも注目したい1曲です。
手を上下に振る振り付けは、まさに曲名とグループ名のダッシュ部分と合っているのが注目したいところ。
メンバーも1曲目からファンに煽りを入れたりと、会場内は大盛り上がりを見せていました。

MCでは大西さんから「対バンLIVEは久しぶりでめちゃめちゃドキドキしていたんですけど、楽しいですね」とのこと。北澤さんも「対バンはちょっとテンション上がんない?」と、久しぶりの対バンをとても楽しみにしていた様子が伺えました。

続いては、2月10日発売の3rdシングル「アナザーユー」を披露。「マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき」のCMソングでもあります。
大切な人を思い浮かべながら聞いてくださいと、メンバーからのコメントもあり、ぜひとも歌詞にも注目してもらいたい最新曲です。

「UDON☆SHAKALAKA」「うわさのジャパニーズボーイ」では赤マルダッシュ☆の世界観がここぞとばかりに出ています。
ヤカンを使ったパフォーマンス・うどんやそばといったワードが多く飛び交う歌詞など、赤マルダッシュ☆ならではの曲と言っても過言ではありません。

2回目のMCでは玉城さんからは「ピアスというのは2つで1セットということで、私たちと食べ友さん(赤マルダッシュ☆のファンの呼び名)を比喩表現で表していまして、食べ友さんへの想いを歌わせてもらっています」との言葉がありました。

そんな「こころのピアス」は手を使った振り付けが多く、ファンのかたも多く振りを真似されていたのが印象的。間奏では激しいダンスパフォーマンスも見せてくれました。

最後は「4 colors」で締めくくり。かわいらしい振り付けには思わず目を奪われます。身体全体を使ってパフォーマンスする姿は、彼女たちの力強さを感じさせてくれました。

赤マルダッシュ☆ならではの歌詞もあり、1度聞いたら癖になってしまいそうな楽曲の数々。
川村さんからは「3rdシングルのリリースイベントも行っていまして」との言葉がありましたが、10日連続でリリースイベントを実施しているなど、精力的に活動している彼女たちに期待は膨らむばかりです。

「東京Princess GIG♪」
2016年1月30日 アキバカルチャーズ劇場 セットリスト

  • 1.赤マル 急上昇ダッシュ!!!!
  • 2.アナザーユー
  • 3.UDON☆SHAKALAKA
  • 4.うわさのジャパニーズボーイ(赤マルダッシュ☆Ver.)
  • 5.こころのピアス
  • 6.4 colors


  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 執筆:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶取材レポ一覧に戻る


突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る