sponsor link

sponsor link

アキシブproject 5thワンマンLIVE in Zepp Tokyo 2016.8.22



★アキシブproject★

アキシブproject

ライブレポート

2016年8月22日。アキシブprojectがZepp Tokyoにて「5thワンマンLIVE@Zepp Tokyo -俺の夏 沸け!-」を開催しました。

LIVEは今の季節にピッタリの「真夏のセレナーデ」で開演。サプライズとなった生バンド演奏で届けます。花道に来たメンバーとの距離にファンも大興奮。サビではメンバーと共に振り付けを真似るファンが多く見られ、序盤から大きな盛り上がりを見せます。

生バンドで「アキシブウェイ」「Be yourself」を含めた3曲披露したとこでMCに突入。宮谷さんから「台風の中、来てくれてありがとうー!」と最大級の感謝の想いを込めて伝えていました。

荒川さんの「俺の夏沸いていけますかー?」からはオリコンデイリー1位を獲得した1stシングル「Summer☆Summer」を披露。今の季節にピッタリの、爽やかさ溢れる夏ソングです。

盛り上がり必至ナンバーでもある「LOVE & PARADISE」では、かわいい歌詞に振り付けが特徴の楽曲。かわいさ溢れるメンバーの姿からは一瞬たりとも目が離せません。サビの振り付けを真似るのが定番でもあります。

イントロが流れると歓声が起きる「Candid Love」では、サプライズでサイン入りボールとサイン入りクッションを客席に投げるという、ファンにとって嬉しい演出。

アップテンポナンバーの「Restart」で、会場のボルテージをさらに上げます。背中を押される歌詞にも注目したい1曲。なんと最後にメンバーがサビで回していたタオルをファンに向けてプレゼントするなど、これまた嬉しいサプライズ。

8曲連続届けたところで2回目のMCに突入。LIVEタイトルにちなんで、メンバーがこの夏に沸いたエピソードを紹介。
伊関さんは「衣装が新しくなって沸いてます」とのこと。
計良さんは「今ここでLIVEをしていることです」に船木さんから「いいこと言うじゃん」とお褒めの言葉も出るほど。
石川さんは「朝ごはんお肉を食べてきて、俺の夏沸いてます。スタミナ出まくっている」に、田口さんから「汗すごいもんね」と効果が発揮されている様子。

後半戦は再び生バンド演奏で届けます。「セツナツリ」は切ない夏の恋の模様を描いた曲。イントロに夏ならではの花火の音が入っていたり、扇子を使ったパフォーマンスがあったり、夏らしい1曲になります。

アンコールでは新曲「Sing A Song」を初披露。バラードナンバーというのもあり、メンバーも横1列になって真剣な表情で歌い上げます。ファンの人と1つになりたいという想いを言葉にすれば、ファンもメンバーと共に歌い上げ、まさしく会場が1つになった瞬間でした。

最後はまるで彼女たち自身のことを歌っているかのような「輝きライセンス」で締めくくります。これ以上ない盛り上がりにこれ以上ない声援。サビの振り付けを真似るファンの姿も多く見られ、その光景にメンバーの表情は笑顔で溢れかえっていました。

今年中に伊関さんの卒業が決定しているアキシブproject。
さらなる上のステージに行くため、彼女たち自身が必要だと感じたのは変化と進化。そのためにグループ史上初の新メンバー募集の発表をしました。彼女たちの決意に満ち溢れた5thワンマンLIVEは大盛況のまま終演。

sponsor link




「アキシブproject 5thワンマンLIVE-俺の夏 沸け!-」
2016年8月22日 Zepp Tokyoセットリスト

  • 1.真夏のセレナーデ
  • 2.アキシブウェイ
  • 3.Be yourself
  • 4.Summer☆Summer
  • 5.Eternal Blue~キミと僕と空と海の物語~
  • 6.LOVE & PARADISE
  • 7.ガチ恋レボリューション
  • 8.Candid Love
  • 9.乱れ髪ファイティングガール
  • 10.Restart
  • 11.Dream in a sea
  • 12.セツナツリ
  • 13.White
  • 14.Creaction
  • 15.Answer
  • 16.New world
  • encore
  • 1.Rival
  • 2.Sing A Song
  • 3.輝きライセンス


  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶取材レポTOPに戻る

sponsor link





突撃!LIVE取材レポ
[fua]
ページ上部へ戻る