sponsor link

sponsor link

APPARE! Summer Party!~天晴れ!原宿 × レッツポコポコ~ in 代官山LOOP 2016.8.20



天晴れ!原宿 × レッツポコポコ

天晴れ!原宿×レッツポコポコ

ライブレポート

2016年8月20日。天晴れ!原宿主催ライブ「APPARE! Summer Party!~天晴れ!原宿 × レッツポコポコ~」が代官山LOOPにて開催されました。

先に登場したのはレッツポコポコ。

1曲目はグループ名が歌詞にも入っている「友よポコポコ」を披露。メンバーコールも会場に響き渡り、サビでは腕を回す振り付けが印象的。曲中にポコポコという歌詞が多く登場するため、1度聞いたら耳に残ること間違いなしの1曲です。

続いてはかわいい振り付けに注目したい「クルクルポコポコ」を届けます。メンバーと共に振り付けを真似るファンの姿が多く見られました。「握手して」の部分ではファンに握手を求めるなど、ファンとの交流を曲中に見せてくれます。

MCを挟んでからは、サビの独特な歌詞も聞き逃せないミディアムナンバー「セイセイマゴマゴ」、しっとりと聞かせる1曲でもある「恋は蜃気楼」、イントロからクラップが鳴り響く「君と空飛べらりるれろ」と3曲連続で歌い上げます。

最後の曲は最新曲の「魔法の「カギカッコ」」で会場を沸かせてくれました。アップテンポナンバーでもあり、アイドルらしさ溢れる1曲です。MIXやクラップがあちこちから聞こえ、ここ1番の盛り上がり。

様々な曲調を披露し、レッツポコポコならではの世界観を見せてくれました。

———
2組のLIVEの間には企画「アイドルすぎるフルーツバスケット」を実施。ステージには11人がいて、用意されている椅子の数は10個。1人が必然的に椅子に座れないため、その1人がアイドルあるあるを言っていき、それに該当する人は椅子から立ち上がり椅子を取り合うというもの。

気になるアイドルあるあるは「カメラのアプリが3つ以上入っている人」「人生でツインテールをしたことがある人」「アイドル楽しい人」など、アイドルっぽい質問が多く飛び交い大盛り上がりでした。

———-
続いて登場したのは天晴れ!原宿。

彼女たちのステージは「Our Music」からスタート。かわいい振り付けが随所に見られる曲でもあり、1曲目から彼女たちのかわいさが存分に発揮されていました。

続いてはアップテンポナンバーである「アッパレルヤ!!」で会場を沸かせます。サビになるとメロディーのテンポが一気に上がるため、盛り上がり必至な1曲。イントロで見られる横に移動しながらのダンスパフォーマンスは見事な揃いっぷり。竹の子(天晴れ!原宿ファンの呼び名)もメンバーと共に振り付けを真似る場面が多く見られ、素晴らしい一体感を見せてくれました。

「超絶スーパーLOVE!」では、歌詞に原宿の名所でもある竹下通りが入っているのも注目したい点。天晴れ!原宿ならではの1曲に仕上がっています。イントロの振り付けから特徴的な1曲であり、序盤から思わず見入ってしまうほど。2人1組になってパフォーマンスする場面が多く見られるのも特徴です。

最後の曲は「ハジマリのアイズ」で会場のテンションをとことん上げます。サビでは人差し指を高々と上げながら横に移動し、誰もが真似しやすい振り付けとなっており、つい一緒に踊りたくなってしまうほど。

最初から最後まで盛り上がりが一切衰えないLIVEを見せてくれました。

「APPARE! Summer Party!
~天晴れ!原宿 × レッツポコポコ~」

2016年8月20日 代官山LOOP セットリスト

  • ■レッツポコポコ
  • 1.友よポコポコ
  • 2.クルクルポコポコ
  • 3.セイセイマゴマゴ
  • 4.恋は蜃気楼
  • 5.君と空飛べらりるれろ
  • 6.魔法の「カギカッコ」
  • ■天晴れ!原宿
  • 1.Our Music
  • 2.アッパレルヤ!!
  • 3.超絶スーパーLOVE!
  • 4.ハジマリのアイズ



  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶天晴れ!原宿取材レポはコチラ

▶▶取材レポTOPへ


取材ライター募集
突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る