sponsor link

sponsor link

ArcJewelクリスマスイブライブ in 東京キネマクラブ 2015.12.24

ArcJewelクリスマスイブライブ in 東京キネマクラブ 2015.12.24

2015年12月24日。クリスマスイブという聖夜に、東京キネマ倶楽部ではイブにふさわしいイベントが開催されました。
そのイベント名は「ArcJewelクリスマス”イブライブ!”2015 ~聖夜に集うJEWELたち!煌めきHoly Night☆~」。
ArcJewelに所属するアイドル6組が一挙に集合するという豪華なイベントです。どのアイドルも、クリスマスイブをアイドルパワーで多いに盛り上げてくれました。

今回はそのイベントに出演した全6組の取材を敢行。どのアイドルもクリスマスイブにふさわしい衣装で登場し、とても貴重なLIVEとなりました。

ArcJewel選抜スペシャルユニットによる「クリスマス・サイレントナイト」はこのイベントだからこそできる貴重なパフォーマンス。
愛迫さんと太田さん(愛乙女★DOLL)・佐々木さんと渡辺さん(Ange☆Reve)・宇佐美さんと板山さん(Luce Twinkle Wink☆)・星野さん(Stella☆Beats)から成るコラボレーションに会場は大興奮でした。

最後には、出演者総勢38人による「赤鼻のトナカイ」を歌い上げ、クリスマスムード一色。グループの垣根を越えての仲の良さも見られ、終始大盛り上がりでイベントは幕を閉じました。

レポート

  • 愛乙女★DOLL
  • Ange☆Reve
  • Luce Twinkle Wink☆
  • Stella☆Beats
  • 選抜スペシャルユニット
  • じぇるの!
  • 愛乙女★DOLL6期研究生

愛乙女★DOLL
6組目である大トリに登場したのは愛乙女★DOLL。この日は全員がサンタ衣装というのもあり、クリスマスイブにふさわしい衣装でした。

そんな愛乙女★DOLLのステージは「蒼い空を望むなら」からスタート。イントロが流れると会場からは歓声が沸くほど。愛乙女★DOLLの人気振りがうかがえた瞬間でした。

クールな一面を見せ、その直後に披露したのは「ビターチョコ・バレンタイン」。コールやMIXもここぞばかりに聞こえ、大トリの貫禄を見せてくれました。

MCを挟んでの曲は最新曲でもある「Heatup Dreamer」を歌い上げます。先ほどのクールな表情からは一転。
ここぞとばかりにメンバーの笑顔が炸裂していました。あまりの盛り上がりぶりになんと会場が揺れるという、今までにない現象も発生。
メンバーとファンの一体感は本当に素晴らしいものでした。

続いての曲は、まさにクリスマスイブならではの曲でもある「ホーリーナイト -まだ友達のキミへ-」。メロディーも歌詞もクリスマスソングであるこの1曲は、まさにこの日のための曲。心にスッと入ってくるメロディーにはとても癒されました。

最後の曲はArcJewelの記念すべき1枚目の曲でもある「GO!!MY WISH!!」を披露。
この日来ていただいたファンへの感謝の気持ちを爆発させるかのように、本日最高のパフォーマンスを見せてくれます。そのパフォーマンスに思わず鳥肌が立つほど。
取材陣にもこんな気持ちをさせてくれるアイドルはなかなかいません。

愛乙女★DOLLは取材をさせていただく機会がとても多いのですが、取材をさせていただくたびにパフォーマンスレベルが上がっていて、毎回本当に驚かせれます。
その成長スピードは予測がつかなく、まさに未知なるグループです。2016年にはアルバム発売にワンマンLVEツアーと、今年以上の活躍を見せてくれる愛乙女★DOLL。
ますます目が離せなくなる彼女たち7人の動向を、ネクスト・スターライトは2016年も追いかけていきたいと思います。


【愛乙女★DOLL セットリスト】

  1. 蒼い空を望むなら
  2. ビターチョコ・バレンタイン
  3. Heatup Dreamer
  4. ホーリーナイトまだ友達の君へ
  5. GO!!MY WISH!!
Ange☆Reve
5組目に登場したのはAnge☆Reve。天使を連想させる白い衣装がとてもかわいらしかったです。

「Maybe Baby」からスタートしたAnge☆Reveのステージ。1曲目からメンバーの笑顔が弾け飛んでおり、かわいらしいダンスにはつい見惚れてしまうほど。なかでも間奏のダンスは必見。アイドルオーラ全開のAnge☆Reveがそこにはいました。

次に披露したのは2016年2月24日発売の最新曲である「Stare」。新メンバーを含めた新体制でのパフォーマンスでした。
1度聞いたら耳に残るキャッチーなメロディーがとても印象的。先ほどよりもかわいさがグッと増しており、曲の最後に手を差し出す場面には、ファンの人も思わず手を伸ばしてしまうほど。

3曲目に歌い上げたのは「あいのうた」。アイドルには珍しいスタンドマイクを使うというパフォーマンスには注目したい点です。
注目ポイントはこれだけではなく、振り付けではハートマークを作る場面が多くありました。真似しやすい振り付けにメンバーと踊るファンも続出。
メンバーとファンの一体感はとても素晴らしかったです。振り付けからも、曲名を見事に現している1曲でもありました。

最後の曲はアップテンポナンバーでもある「Kiss Me Happy」で会場を大いに盛り上げます。ダイナミックなパフォーマンスに、間奏では側転を取り入れたりと、飽きることのないLIVEステージでした。

メンバーの弾ける笑顔が最初から最後までとても印象的。楽しそうにLIVEをしているその姿には、こちらも思わず笑顔になるほど。
2016年からは新体制となるAnge☆Reveの活動に目が離せません。


【Ange☆Reve セットリスト】

  1. Maybe Baby
  2. Stare
  3. あいのうた
  4. Kiss Me Happy
Luce Twinkle Wink☆
4組目に登場したのはLuce Twinkle Wink☆。階段上にあるステージから登場するという斬新なパフォーマンスにはつい目が奪われました。

そんなLuce Twinkle Wink☆の1曲目は「ナミダイロ」からスタート。曲中にセリフが入っているのが特徴でもあるこの曲。
かっこよさやクールさを秘めた曲でもあり、力強く歌い上げるその姿は、アイドルという枠に収まりきれないほどのパワーを感じました。

続いては、ArcJewel全体の新曲でもある「クリスマス・サイレントナイト(ルーチェver)」を披露。切ない歌詞と激しめのダンスパフォーマンスに注目してもらいたい1曲です。
切ない表情を見せてくれながら歌い上げる姿はとても印象的でした。

MCを挟み、メジャーデビューシングルでもある「恋色♡思考回路」のイントロが流れれば、会場内の熱気は最高潮に。
メンバーコールがここぞとばかりにあちこちから聞こえてきて、メンバーもそれにこたえるように全力でパフォーマンスをします。
王道アイドルソングでもあるこの曲は、聞いているとつい身体が動かしたくなってしまいそうになりました。

最後は「刹那ハレーション」で締めくくります。サビの部分でファンに向け指差しをする振り付けはとても印象的。
ファンは逆にメンバーに指差しを送っており、メンバーとの一体感を感じられた瞬間でした。

終わったあとはメンバー全員が汗だくに。メンバー全員それぞれが全力のパフォーマンスをしていたのを物語っている証拠でした。
彼女たちのダイナミックなパフォーマンス力には圧巻です。


【Luce Twinkle Wink☆ セットリスト】

  1. ナミダイロ
  2. クリスマス・サイレントナイト
  3. 恋色♡思考回路
  4. 刹那ハレーション
Stella☆Beats
3組目に登場したのは秋に新体制となったStella☆Beats。メンバー全員サンタの衣装で登場し、Stella☆Beatsのかわいさがいつもより増していました。
そんなメンバーのサンタ姿に、会場にいる多くのファンが釘付けになっていたのは間違いありません。

ミディアムナンバーでもある「Straight Lines」からStella☆Beatsのステージがスタート。イントロが流れると、会場からは拍手が起こっていました。
Stella☆Beatsの登場を、いかに心待ちにしていたかを伺えます。新体制になって初の新曲でもあるこの曲に、メンバーも一段と気合いが入っていました。

続いてはガラリと雰囲気が一転。大人の魅力やセクシーさが満載な「Love Genome」を披露。普段なかなか見ることができないStella☆Beatsの一面を見ることができる曲です。
セクシーなダンスはファンならずとも必見。

3曲目にはクリスマスにピッタリのカバーソング、広瀬香美さんの「ロマンスの神様」をStella☆Beatsバージョンで披露してくれました。
誰もが知っている冬の名曲というのもあり、会場内の熱気もどんどんと上昇していきます。

最後の曲は2016年1月19日発売の最新曲「星空シンフォニー」を披露。アップテンポナンバーでもあるこの曲は、まさに最後にふさわしい1曲です。サビの部分で手を前に出し思いっきり振るのが特徴であり、多くのファンがこの振りを真似されていました。全力で手を振るファンに、メンバーもここぞとなかりに笑顔で手を振る姿はとても印象的。

新体制となったStella☆Beatsですが、魅力は尽きることなくパフォーマンス力は抜群です。新曲発売を間近に控え、メンバーからはやる気や闘志がひしひしと感じられた場面が多くありました。


【Stella☆Beats セットリスト】

  1. Straight Lines
  2. Love Genome
  3. ロマンスの神様
  4. 星空シンフォニー
選抜スペシャルユニット


【選抜スペシャルユニット セットリスト】

  • クリスマス・サイレントナイト
じぇるの!
2組目に登場したのはじぇるの!。多くのメンバーがサンタを連想させる衣装の中、1人だけトナカイ衣装だったのはとても印象的でした。

1曲目はアップテンポナンバーでもある「超絶はっぴーじぇねれーしょん」を披露。
始まりはダンスやメロディーにどこか静けさを感じるものの、スイッチが入ったかと思うほど、突如メンバーのダイナミックなパフォーマンスが弾け飛びます。それに合わせたように、会場からは大きなMIXが聞こえてきました。
曲途中、まさかの音響トラブルが発生。ですが、何事もなかったようにメンバーはパフォーマンスを続け、その姿には心打たれました。

盛り上がった勢いをそのままに続いては「Gimme a Spark!」。最新オリジナル曲でもあるこの曲は、メンバーの心境をよく現している歌詞にも注目です。
先ほどよりもメンバーのダイナミックなパフォーマンスが印象的でした。

最後の曲はDoll☆Elements「ギュッとSTAR!!」をカバー。メンバーの振り付けと合わせて一緒に踊るファンが続出。
そんなファンの熱い想いに負けじと、メンバーも時折頭を全力で振るパフォーマンスを見せてくれ、じぇるの!のパワーがひしひしと伝わってきました。

2016年1月31日は初めてのワンマンLIVEも決定。さらには3月29日に初のCD発売も決定し、2年目のじぇるの!はますます波に乗るばかりです。


【じぇるの! セットリスト】

  1. 超絶はっぴーじぇねれーしょん
  2. Gimme a Spark!
  3. ギュッとSTAR!!
愛乙女★DOLL6期研究生
1組目に登場したのは愛乙女★DOLL6期研究生。リハーサルや出番直前も緊張している様子が見られました。それもそのはず。
彼女たちは初お披露目からまだ1ヶ月もたっておらず、今回初めて共演する先輩方も多かったのです。

そんな愛乙女★DOLL6期研究生の1曲目は「流れ星」。王道アイドルソングでもあるこの楽曲からスタートです。
まだ初々しさが残る彼女たちを、会場のいるファンの方々は優しく迎え入れていました。

続いては「カレンダーガール」を披露。「ギュッとギュッと抱きしめて」のダンスはなんともかわいらしいのが特徴。フレッシュさが全開な彼女たちの笑顔もとても印象的でした。

自分たちの出番となると堂々とパフォーマンスしており、緊張のかけらがまるで感じられません。
初お披露目の12月1日からパフォーマンスレベルも上がっており、自分たちでMC進行をするなど、成長振りを見せてくれました。
これから底知れず成長していく彼女たちに、今から目が離せません。


【愛乙女★DOLL6期研究生 セットリスト】

  1. 流れ星
  2. カレンダーガール


  • 写真:千田 俊明
  • 執筆:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志





突撃!LIVE取材レポ
[fua]
ページ上部へ戻る