sponsor link

sponsor link

本格音楽女子祭 in 渋谷O-EAST 2016.7.14

STARMARIE~無銭乱舞 夏の陣~ in 新宿BALZE 2016.7.5

ライブレポート

2016年7月14日。TSUTAYA O-EASTにて「本格音楽女子祭 SPECIAL 3マンLIVE」が開催されました。

この日の出演者はSTARMARIE・アップアップガールズ(仮)・ベイビーレイズJAPANという豪華な3組。

オープニングではアップアップガールズ(仮)楽曲「パーリーピーポーエイリアン」に合わせて、出演者全員がエイリアンサングラス(仮)をかけて登場。アップアップガールズ(仮)に合わせて、ベイビーレイズJAPANは(笑)を、STARMARIEは(呪)をつけて自己紹介するなど会場を沸かせてくれました。

全グループのLIVEが終わった後には、この3組によるベイビーレイズJAPANの「ロックオン・ダーリン」を披露。他のグループのメンバーと仲睦ましい様子を見せてくれるなど、貴重なコラボに会場の熱気や盛り上がりはここ1番になりました。

コラボ後にはSTARMARIEから、この日が誕生日当日であるベイビーレイズJAPANの林さんにサプライズで誕生日ケーキをプレゼント。会場全体で「ハッピーバースデートゥーユー」を歌うなど、これには林さんも驚きを隠せない様子。

2時間以上に及ぶ豪華なLIVEは嬉しい演出や驚きのサプライズもあり、大盛り上がりを見せつつ幕を閉じました。

各アイドル名をクリックすると、ページ下に取材レポが表示されます。
※写真が見えない場合、スクロールしてください。

取材アイドル

7月5日 其の一

  • STARMARIE
  • アップアップガールズ(仮)
  • ベイビーレイズJAPAN
  • 集合シーン

STARMARIE
トップバッターを飾ったのはSTARMARIE。

「三ツ星レストラン・ポールからの招待状」から彼女たちのLIVEは幕開け。サビではキレのあるダンスを見せてくれます。大サビではマリスト(STARMARIEファンの呼び名)がメンバーと共に振り付けを真似るなど、1曲目から会場を沸かせてくれました。

「屋上から見える銀河 君も見た景色」ではサビの部分で人差し指を高々と掲げる姿が印象的。明るめのサウンドですが、STARMARIEらしく死をテーマにした歌詞にも注目。

イントロからダークな雰囲気が漂い女性の悲鳴も聞こえる「サーカスを殺したのは誰だ」はまさにSTARMARIEならではの1曲。間奏では木下さんが松崎さんと高森さんに腕を支えられながらジャンプするなど、会場からの視線を一気に集めます。

ミディアムナンバーでもある「ステラとスバル 宇宙のラブストーリー」では切ない歌詞に注目して聞きたい1曲。大サビではメンバーの力強さを感じさせてくれるパフォーマンスも必見です。

アップテンポナンバーでもある「姫は乱気流☆御一行様」で会場の熱気は最高潮に。盛り上がりが必至な曲でもあるため、メンバーの笑顔もとても印象的。間奏ではクラップが飛び交うなど、後半戦への盛り上がりを予感させてくれる光景でした。

メンバー同士でマイクを向け合う「メクルメク勇気!」ではメンバーの仲睦ましい光景を見ることができます。かわいらしい振り付けも多いのも魅力的です。

「恋するボーカロイド」では会場からクラップが鳴り響きます。最後はステージを駆け回るなど、メンバーもこのLIVEを思う存分楽しんでいました。

この日最後の曲は「名もなき星のマイホーム」。メンバーが円になって回り手を中心に差し出したり、間奏では縦1列になってのダイナミックなパフォーマンスを見せてくれます。STARMARIEのLIVE終わりを名残惜しむかのように、サビではマリストがメンバーと共に踊っていました。

曲披露をすべて終えるまで実はMCがないグループ。そのため曲でグループの世界観をとことん見せつけてくれます。


【STARMARIE セットリスト】

  • 1.三ツ星レストラン・ポールからの招待状
  • 2.屋上から見える銀河 君も見た景色
  • 3.サーカスを殺したのは誰だ
  • 4.ステラとスバル 宇宙のラブストーリー
  • 5.姫は乱気流☆御一行様
  • 6.メクルメク勇気!
  • 7.恋するボーカロイド
  • 8.名もなき星のマイホーム
アップアップガールズ(仮)
2組目に登場したのはアップアップガールズ(仮)。

「キラキラミライ」からLIVEはスタート。古川さんが関根さんをおんぶするなど、遊び心あるステージが彼女たちの魅力でもあります。間奏では新井さんから「声出していくよ」と煽りを入れる場面も。

佐藤さんから「めちゃめちゃノリノリじゃないですか」とのコメントもあるほど、1曲目から会場内は大盛り上がり。

MC明けは夏ソングでもある「メチャキュン♡サマー ( ´ ▽ ` )ノ」を披露。アップアップガールズ(仮)らしい歌詞に、かわいらしい振り付けも多いのが特徴です。振り真似をするアプガファミリー(アップアップガールズ(仮)ファンの呼び名)が多く見られたのも印象的。

続いては盛り上がり必至ナンバーでもある「アッパーレー」で会場を沸かせます。メンバーからも次々煽りが入り、会場の熱気は上昇し、お祭り状態のような盛り上がりです。

かわいらしい歌詞に合わせた振り付けにも注目したい「バレバレ I LOVE YOU」。メンバーのかわいい姿を随所に見ることができます。

「チョッパー☆チョッパー」は間奏も含め、最初から最後まで盛り上がりが衰えない1曲。仙石さんの「はーい、どうもどうもアップアップガールズ(仮)です」を皮切りにコールアンドレスポンスが始まると、会場内の一体感はグンと増しました。最後に佐保さんから繰り出されるチョップも必見です。

彼女たちの持ち味でもあるパワフルなダンスから目が離せない「サバイバルガールズ」。クールさと力強さを感じさせてくれる圧倒的なその表現力には思わず目を奪われます。

ラストの「アッパーカット!」ではメンバーのテンションも最高潮に。ボクシング要素のある振り付けが散りばめられているのも特徴です。
止まることなく進み続ける彼女たち7人に合う歌詞にも注目したいところ。最後は森さんから「最高!」という言葉も出るほど、大盛況の中アップアップガールズ(仮)のステージは幕を閉じました。


【アップアップガールズ(仮) セットリスト】

  • 1.キラキラミライ
  • 2.メチャキュン♡サマー ( ´ ▽ ` )ノ
  • 3.アッパーレー
  • 4.バレバレ I LOVE YOU
  • 5.チョッパー☆チョッパー
  • 6.サバイバルガールズ
  • 7.アッパーカット!
ベイビーレイズJAPAN
最後に登場したのはベイビーレイズJAPAN。

「ロックオン・ダーリン」でステージはスタート。キュートなナンバーのこの曲では、サビで虎ガー(ベイビーレイズJAPANファンの呼び名)が一斉に振りを真似る光景が見られます。
アップテンポナンバーでもある「チャリンコアイドル」では、高見さんが帽子を取る場面もあるのが印象的です。

MCでは大矢さんから「愛夏ちゃん(林さん)の21歳の誕生日です」と話されると会場はお祝いムード一色。林さんから「このLIVEのおかげで実感できています」と喜びを噛み締めていました。

続いて「Baby Kiss」では、メンバー同士でじゃれ合う場面も見られるなど、仲睦ましい姿を見せてくれました。傳谷さんの台詞には虎ガーも大興奮の様子。

クラップやメンバーコールが飛び交う「ぶっちゃけRock’n はっちゃけRoll」では、これからの盛り上がりを予感させてくれる1曲。ギターソロが鳴り響く間奏では、メンバーがエアギターのパフォーマンスを見せてくれるなどの遊び心も満載。

「ワハハ」は曲名通りメンバーの弾け飛ぶ笑顔が印象的。特徴的な歌詞にラップが入っていたりするため、1度聞いたら耳に残ること間違いありません。

グループ名が歌詞に入っており彼女たちを象徴するような楽曲でもある「虎虎タイガー!!」、力強さを感じさせてくれるパフォーマンスが魅力的な「走れ、走れ」、彼女たちのかっこよさを堪能できる「ベイビーレイズ」などで会場をさらに沸かせます。

「閃光Believer」ではキレのあるパフォーマンスを見せてくれます。全力で叫ぶ彼女たちの姿には鳥肌が立つほどでした。渡邊さんから煽りも入るなど、会場の熱気は最高潮に。

ラストは「夜明け Brand New Days」で締めくくります。もはやワンマンLIVEかと思うほど、会場の一体感は素晴らしく、落ちサビではメンバーが横1列になり、想いを込めて歌い上げている姿には目を奪われます。

会場全体を巻き込む圧倒的なパフォーマンスを見せつけ、ベイビーレイズJAPANのLIVEは幕を閉じました。


【ベイビーレイズJAPAN セットリスト】

  • 1.ロックオン・ダーリン
  • 2.チャリンコアイドル
  • 3.Baby Kis
  • 4.ぶっちゃけRock’n はっちゃけRoll
  • 5.ワハハ
  • 6.虎虎タイガー!!
  • 7.走れ、走れ
  • 8.ベイビーレイズ
  • 9.閃光Believer
  • 10.夜明け Brand New Days
集合シーン

sponsor link





  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶取材レポ一覧へ





取材ライター募集
突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る