sponsor link

sponsor link

アイドルネッサンス 4thワンマンライブ「お台場で迸るネッサンス!!」 in Zepp DiverCity 2016.11.6



アイドルネッサンス

アイドルネッサンス

ライブレポート

2016年11月6日。アイドルネッサンスがZepp Diver Cityにて「お台場で迸るネッサンス!!」を開催しました。

記念すべき4thワンマンLIVEは「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」から始まり。原田さんがトランペット、野本さんが鍵盤ハーモニカ演奏を披露するなど、思わぬサプライズ演出にファンも大興奮。コールアンドレスポンスも起き、1曲目とは思えないほどの盛り上がりと一体感を見せてくれます。

「太陽と心臓」では比嘉さんがウクレレ演奏を披露。比嘉さんのウクレレ演奏とメンバーのアカペラでイントロを歌い上げれば、会場からは拍手喝采。

メロディーが独特な「REGIKOSTAR~レジ子スターの刺激~」では歌詞の世界観を振り付けで見事に表現。ふとした瞬間に見られる10代の無邪気な笑顔には、思わずこちらも笑顔になるほど。

明るいメロディーが印象的な「Good day Sunshine」ではサビの振り付けを真似るファンが続出。メンバーコールも起き、会場のボルテージは加速していくばかりです。

ここからは生バンド演奏で届けます。

初披露となる「踊るロールシャッハ」では、スペシャルバンドを務めてくれているオワリカラの楽曲。本人を目の前にし、さらに本人たちによるバンド演奏での曲披露は初とのことで、緊張した面持ちながらも堂々とパフォーマンスをしてくれました。

ここからの2曲はカバーさせてもらっているアーティスト本人とのスペシャルコラボを実施。

まずは、ゲストにヒサシ the KIDさんを迎え「Music Lovers」を歌い上げます。大人の女性らしさを感じさせてくれるこの楽曲では、10代とは思えないメンバーの表現力の高さには驚かされます。

続いては堂島孝平さんを迎えて「6AM」を届けます。堂島さんの煽りやコールアンドレスポンスにメンバーもファンもハイテンション。歌詞の「会いたいだけ」を、堂島さんが「アイルネだけ」に変えればメンバーもファンも喜びを爆発させていました。

終盤にはアップテンポナンバーを畳み掛けます。

「恋する感覚」は振り付けがかわいいのが特徴。愛くるしいメンバーの姿を多く見ることができ、会場中の視線を釘付けにしていました。

「ミラクルをキミとおこしたいんです」ではメンバーもステージを飛び跳ねるほどの興奮ぶり。サビではテンポが一気に上がるこの曲で会場を沸かせます。終盤戦にふさわしいコールアンドレスポンスもあり、会場を1つにするとはまさにこのこと。

本編最後はアイドルネッサンスの盛り上がり必至ナンバー「シルエット」で締めくくります。髪を振り乱しながら全身全霊でパフォーマンスする8人。サビの振り付けで後ろから前に突き出す掌からは、彼女たちの熱い想いが解き放たれているかのようでした。

アンコールは「君の知らない物語」「Funny Bunny」の2曲を披露し、2時間半以上に及んだ4thワンマンLIVEは大盛況のまま終演。

来年春に初のオリジナルソングをCDとして発売することが決定したアイドルネッサンス。作詞作曲をBase Ball Bearの小出祐介さんが担当することも決まり、アイドルネッサンスの更なる飛躍が期待されます。

sponsor link




「お台場で迸るネッサンス!!」
2016年11月6日 Zepp DiverCityセットリスト

  • 1.あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
  • 2.ベステンダンク
  • 3.YOU
  • 4.Lucky
  • 5.太陽と心臓
  • 6.REGIKOSTAR~レジ子スターの刺激~
  • 7.金曜日のおはよう
  • 8.Good day Sunshine
  • 9.PTA~光のネットワーク~
  • 10.それが答えだ!
  • 11.踊るロールシャッハ
  • 12.夜明けのBEAT
  • 13.二人のアカボシ
  • 14.Music Lovers(with ヒサシ the KID)
  • 15.6AM(with 堂島孝平)
  • 16.恋する感覚
  • 17.ミラクルをキミとおこしたいんです
  • 18.シルエット
  • encore
  • 1.君の知らない物語
  • 2.Funny Bunny

▶▶アイドルネッサンス取材レポはコチラ

▶▶取材レポTOPへ

sponsor link





突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る