sponsor link

sponsor link

アイドルネッサンス主催「対するネッサンス!!」 PASSPO☆編 in 下北沢GARDEN 2016.10.2



対するネッサンス PASSPO☆編

対するネッサンス

ライブレポート

2016年10月2日。アイドルネッサンスが下北沢GARDENにて主催2マンイベント「対するネッサンス!!」を開催されました。

この日のゲストはPASSPO☆。TOKYO IDOL FESTIVAL 2016でPASSPO☆ルネッサンスとしてコラボステージを見せてくれた2組。今回TIF以来の共演となり、コラボステージも大いに期待されていました。

PASSPO☆

先に登場したのはPASSPO☆。

1曲目からPASSPO☆盛り上がり必至ナンバー「マテリアルGirl」で会場のテンションを一気に上げます。随所に真似できる振り付けで、序盤から会場を1つにまとめるのはさすがのもの。

続いては、アメリカンガールズロックテイスト溢れる「HONEY DISH」で会場をさらに沸かせます。最後にキス顔を見せる場面ではパッセンジャー(PASSPO☆ファンの呼び名)からは思わず歓声が起きるほど。

MCでは、
安斉さん「お手紙もくれてさ」
玉井さん「字がきれいなの、育ちのよさ」
岩村さん「感動したよ」
とアイドルネッサンスを絶賛。
グループLINEも作ったとのことで、藤本さんから「理子ちゃん(石野さん)とか夜分遅くにすいません」と日頃から丁寧な対応をしてくれるとのこと。
根岸さんから「盗めるところは盗んでいきたいってさっきアイルネちゃん言ってたけど、私たちから何を盗むの?」と言えば会場は笑いに包まれ、森さんも「盗んじゃダメだよ」と発言するなど、MCは終始和やかムードでした。

MC明けはPASSPO☆の自己紹介ソングである「7’s Up」でアイドルネッサンスファンにグループを紹介。8色のサイリウムが舞う光景は思わず目を奪わるほどの美しさです。

「No.1 Boy」での一糸乱れぬフォーメションは必見。落ちサビに増井さんがクルー(PASSPO☆メンバーの呼び名)1人1人とタッチを交わしていく場面はとても印象的です。

メンバーの想い入れが強い「向日葵」では、その想いをパフォーマンスに表すかのように激しく腕を振り上げます。最後はビシっとポーズを決め、会場に向日葵を咲かせてくれました。

終盤戦にはPASSPO☆にとってもパッセンジャーにとっても大切な1曲である「Pretty Lie」を届けます。この曲ならではのコールで、PASSPO☆とパッセンジャーの一体感を見せつけてくれました。

「I」ではメンバーが手を繋ぐ場面が見られ、仲睦ましい姿を見ることができる1曲。クルー自身のことを描いているような歌詞に、クルーのパフォーマンスも俄然と力強さを発揮します。

最後の曲は女の友情がテーマの「バチェロレッテは終わらない」で締めくくります。イントロでは振り付けを真似るパッセンジャーが続出。締めにふさわしい盛り上がりを見せてくれました。

コラボ

ここで2組によるコラボステージ、PASSPO☆ルネッサンスを披露します。

PASSPO☆はBAND PASSPO☆として登場。

アイドルネッサンスの「17才」、PASSPO☆「少女飛行」を届けてくれました。実はTOKYO IDOL FESTIVAL 2016でも見せてくれたこの2曲。再びの披露に会場は大盛り上がりでした。

アイドルネッサンス

続いて登場したのはアイドルネッサンス。

彼女たちのステージは「トラベラーズ・ハイ」からスタート。爽やかさ溢れる楽曲を、白い衣装を身に纏いながら歌い上げる姿は清楚そのもの。サビではメンバーと共に振り付けを真似るファンの姿が多く見られました。

「手を打ち鳴らせ!!」で力強く腕をを振り回します。縦1列になって見せるパフォーマンスの美しさは圧巻。

メンバーの笑顔が溢れる「恋する感覚」。キュートなメンバーの姿を多く見ることができます。振り真似しやすいのが特徴な可愛い1曲でもあります。

「君の街まで」ではちょっぴり大人なメンバーの表情に注目。先ほどとのギャップにやられてしまう方も多いのではないでしょうか。

イントロのダンスでは思わず会場から歓声が起きる「シャングリラ」。メンバーから煽りも入るなど、後半戦に向け会場を沸かせてくれました。

アップテンポナンバーの「ミラクルをキミとおこしたいんです」では、キレのあるパフォーマンスを見せてくれます。サビでは一気にテンポが上がるため、盛り上がりは最高潮に。コールアンドレスポンスも発生しメンバーもハイテンション状態に。

「夜明けのBEAT」と「ガリレオのショーケース」では、アイドルネッサンスのクールでかっこいい姿を見せつけます。かわいいだけではないのが彼女たちの魅力。迫力あるパワフルなパフォーマンスは、10代とは思えないほどの圧倒的な存在感を放ちます。

ここでPASSPO☆の森さんが登場し、森さんとアイドルネッサンスで「シルエット」を披露。TOKYO IDOL FESTIVAL 2016でのコラボの再演に会場は大盛況。

最後は新曲「それが答えだ!」で締めくくります。新曲にも関わらず、振り付けを真似る多くのファンが客席に見られました。最後はかわいらしい決めポーズで終え、アイドルネッサンスのステージは幕を閉じました。

コラボ~終演

2組のステージが終わると、再びPASSPO☆ルネッサンスを届けてくれました。

最後の曲はPASSPO☆楽曲「WANTED!!」コラボ。
PASSPO☆とアイドルネッサンスは同じ8人グループ。2人1組でペアを組みながら、PASSPO☆が積極的にアイドルネッサンスと絡む姿は印象的。サビの振り付けが特徴なこの曲では、パッセンジャーもアイドルネッサンスのファンも振り付けを真似ており、最後にふさわしい盛り上がりを見せてくれました。

アイドルネッサンスは11月8日にZepp DiverCity TOKYOでのワンマンLIVE、PASSPO☆は11月19日に所沢航空記念公園でのワンマンフライト(PASSPO☆LIVEの呼び名)と、それぞれ大舞台を控えています。

sponsor link




「対するネッサンス!!」
2016年10月2日 下北沢GARDEN セットリスト

  • ■PASSPO☆
  • 1.マテリアルGirl
  • 2.HONEY DISH
  • 3.7’s Up
  • 4.No.1 Boy
  • 5.向日葵
  • 6.Pretty Lie
  • 7.「I」
  • 8.バチェロレッテは終わらない
  • ■コラボ1
  • 1.17才
  • 2.少女飛行
  • ■アイドルネッサンス
  • 1.トラベラーズ・ハイ
  • 2.手を打ち鳴らせ!!
  • 3.恋する感覚
  • 4.君の街まで
  • 5.シャングリラ
  • 6.ミラクルをキミとおこしたいんです
  • 7.夜明けのBEAT
  • 8.ガリレオのショーケース
  • 9.シルエット(アイドルッサンス・PASSPO☆森)
  • 10.それが答えだ!
  • ■コラボ2
  • 1.WANTED!!



  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶PASSPO☆取材レポはコチラ

▶▶アイドルネッサンス取材レポはコチラ

▶▶取材レポTOPへ

sponsor link





突撃!LIVE取材レポ
[fua]
ページ上部へ戻る