sponsor link

sponsor link

アイドルネッサンス主催「対するネッサンス!!」 Negicco編 in TSUTAYA O-WEST 2016.10.23



対するネッサンス Negicco編

対するネッサンス

ライブレポート

2016年10月23日。アイドルネッサンスがTSUTAYA O-WESTにて主催2マンイベント「対するネッサンス!!」を開催されました。

この日のゲストはNegicco。この夏に開催された「NEGi FES 2016」でも共演し、コラボステージを見せてくれた2組。この日は「NEGi FES 2016」以来のコラボステージも披露してくれました。さらにこの日のチケットはSold out。2階席も埋まるほど会場は満員御礼でした。

Negicco

先に登場したのはNegicco。

Negiccoのステージは「マジックみたいなミュージック」からスタート。どこか懐かしくなるようメロディーが印象的なこの曲で会場を温かな雰囲気に包みます。ファンも身体を揺らしながらリズムに乗っていました。

続いては「矛盾、はじめました。」を届けます。大人ムーディーな雰囲気を醸し出してくれ、Negiccoにしか出せないその雰囲気はさすがのもの。

サビで手を振れば多くのファンも彼女たちと共にと手を振り、一体感を見せつけてくれた「RELISH」。ミディアムナンバーでも会場を巻き込むことができるのが彼女たちの魅力。2階席にもお客さんが入っていたこともあり、しっかりと目を向けながらパフォーマンスする姿は印象的。

MCではNegicco恒例の「こんばんねぎねぎ」で挨拶。対バン相手でもあるアイドルネッサンスファンにも丁寧に説明されていました。

ここまで大人の雰囲気溢れる曲構成だったNegicco。MC明けからはアップテンポナンバーを並べます。

「トリプル!WONDERLAND」は会場を沸かせるにはピッタリの1曲。歌詞部分をファンが歌い上げる場面もあり、先ほど以上の一体感を見せつけてくれました。間奏でのメンバーソロパフォーマンスにファンも大興奮の様子。

「恋のシャナナナ」はタオルを使う曲というのもあり、会場をさらに熱くさせます。ファンからのコールも響き渡り、サビではメンバーとファンが一緒になって楽しむタオル回しが欠かせない1曲です。

「ネガティヴ・ガールズ!」を披露すれば、会場のボルテージはさらに上がり、そのテンションをメンバーへの声援に変えるファン。そして、それに応えるかのようにメンバーも全力でパフォーマンスを届けます。曲途中にあるメンバーのセリフも注目ポイントです。

イントロからクラップが鳴り響く「ねぇバーディア」ではメンバーコールも発生。サビでは振り真似をするファンも続出。「好きになってもいいのかな」の部分を歌い上げれば、ファンからは「いいよ!」とお決まりの返し。メンバーも積極的に煽りを入れ会場を盛り上げます。

最後の曲は、爽やかさ溢れるナンバーでもある「さよならMusic」で締めくくります。Negiccoの活動拠点である新潟が歌詞に入っているのも注目したいところ。ラップも曲中にあったりと、会場を沸かせてくれました。

アイドルネッサンス

続いて登場したのはアイドルネッサンス。

1曲目に「空にまいあがれ」を持ってきた彼女たち。真似しやすい振り付けも特徴となっており、間奏で原田さんと野本さんが作るハートマークはなんとも可愛らしい光景でした。

ミディアムナンバーでもある「Lucky」では、曲の世界観を表現する彼女たちの表情にも注目したい1曲。キレのあるパフォーマンスも見せてくれ、会場の視線を一気に集めます。

彼女たちの可愛さがいかんなく発揮される「べステンダンク」では、10代ならではの無邪気な表情を浮かべます。先ほどとのギャップも感じさせてくれ、わずか数曲で様々な一面を見せてくれるのがアイドルネッサンスの大きな魅力です。

MC明けには、新曲でもある堂島孝平さん楽曲「6AM」をカバー。メンバー同士でハグしたりと仲睦ましい場面は印象的。思わずリズムに乗ってしまうようなメロディーというのもあり、会場からはクラップが鳴り響いていました。

その流れからのアップテンポナンバーでもある「トラベラーズ・ハイ」で会場のテンションをさらに上げます。ファンからも歓声が起き、後半戦の盛り上がりが大いに期待されました。そんな会場の様子を見たからか、メンバーの表情も自然と笑顔で溢れ返ります。

ここでアイドルネッサンスの大人クールでかっこいい一面が見れる「Music Lovers」「それではみなさん良い旅を!」の2曲を届ければ、10代とは思えないその仕上がりに思わず目を奪われるほど。

「PTA ~光のネットワーク~」ではメンバーコールも会場に響き渡る盛り上がりを見せてくれました。メンバーのソロパートで指を差す場面では、ファンもソロパートを歌っているメンバーに指を差すなどの一体感ぶり。2組に分かれて歌のパートをシンクロさせるパフォーマンスもアイドルネッサンスならでは。

10月2日に披露した新曲「それが答えだ!」を披露すれば会場はさらに盛り上がります。明るくて前向きな歌詞でもあるため、歌い上げているメンバーの表情も楽しそうなのが印象的。

最後の曲は「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」。間奏で円陣になる一幕もあり、メンバーの仲の良さがとてもよく伝わる光景はなんとも微笑ましいもの。コールアンドレスポンスも見せてくれ、締めにふさわしい最高の盛り上がりでした。

コラボ~終演

2組のステージが終わると、ステージには全員が集結。NegiccoがアイドルネッサンスのTシャツを着て登場という、嬉しいサプライズもありました。

コラボでは6曲連続で曲を披露。緊張しながらも大先輩であるNegiccoとのコラボに、アイドルネッサンスのメンバーも嬉しそうな表情を浮かべていました。「NEGi FES 2016」以来のコラボに両ファンも大興奮の様子。大盛況という言葉がピッタリのLIVEでした。

sponsor link




「対するネッサンス!!」
2016年10月23日 TSUTAYA O-WEST セットリスト

  • ■Negicco
  • 1.マジックみたいなミュージック
  • 2.矛盾、はじめました。
  • 3.RELISH
  • 4.トリプル!WONDERLAND
  • 5.恋のシャナナナ
  • 6.ネガティヴ・ガールズ!
  • 7.ねぇバーディア
  • 8.さよならMusic
  • ■アイドルネッサンス
  • 1.空にまいあがれ
  • 2.Lucky
  • 3.べステンダンク
  • 4.6AM
  • 5.トラベラーズ・ハイ
  • 6.Music Lovers
  • 7.それではみなさん良い旅を!
  • 8.PTA ~光のネットワーク~
  • 9.それが答えだ!
  • 10.あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
  • ■コラボ
  • 1.恋とマシンガン
  • 2.Muscat
  • 3.DOWN TOWN
  • 4.中央フリーウェイ
  • 5.夏の魔法
  • 6.さよならなんて云えないよ



  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶アイドルネッサンス取材レポはコチラ

▶▶取材レポTOPへ

sponsor link





突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る