sponsor link

sponsor link

Kiss Bee presents スリーマンライブ in 新宿Reny 2016.5.17

Kiss Bee presents スリーマンライブ in 新宿Reny 2016.5.17

2016年5月17日。KISS MARK SPECIAL 「先輩!胸借りやす!其の一」が新宿ReNYにて開催されました。この日はKiss Bee・LinQ・GEMの豪華スリーマンLIVE。コラボもあったりなど、貴重なLIVEとなった当日の模様を一挙紹介!

レポート

  • Kiss Bee
  • LinQ
  • GEM

Kiss Bee
1組目に登場したのはKiss Bee。

記念すべきスリーマンLIVEの幕開けとなった曲は「さくら色のオレンジ」。Kiss Beeらしい元気一杯で全力なパフォーマンスを見せてくれました。1曲目終了後から拍手喝采となり、これからの盛り上がりが期待されます。

MCを挟んでの曲披露は、聞いてると思わずこちらも笑顔になってしまいそうな「Happy Day」を披露。爽やかさ満載のこの曲は会場から温かな手拍子も入っていました。

イントロからクラップで盛り上がれる「君と僕と夏の物語」はKiss Beeの最新シングル。疾走感溢れるアップテンポナンバーでもあるこの曲は、今年の夏には欠かせない1曲です。イントロからメンバーがクラップで煽りを入れたりすると、それに応えるように会場からはメンバーコールが飛び交います。キレ味抜群のパフォーマンスを見せてくれ、会場のボルテージも上昇していくばかりです。

2回目のMCでは今回共演する2組についての話題に。GEMとLinQとも交流があるメンバーがいることもあり、他のメンバーからも羨ましいという掛け合いもありました。

ラスト2曲は「透明な恋の歌」「Just sing!」を歌い上げます。
「透明な恋の歌」ではイントロが流れるとファンからは「待ってました」と歓声が上がるほど。サビの振り付けを真似るファンも続出し、会場は見事な一体感となります。
「Just sing!」ではメンバーの力強いパフォーマンスが必見。なかでも間奏のパフォーマンスは圧巻です。

7月30日にはZepp TokyoにてワンマンLIVEが開催されるKiss Bee。大きなステージでのLIVEを大成功させるため、彼女たちは日々パフォーマンスに磨きをかけていっています。


【Kiss Bee セットリスト】

  • 1.さくら色のオレンジ
  • 2.Happy Day
  • 3.君と僕と夏の物語
  • 4.透明な恋の歌
  • 5.Just sing!
LinQ
2組目に登場したのはLinQ。

1度聞いたら耳に残る歌詞やメロディーが印象的な「ウェッサイ!!ガッサイ!!」でステージは幕開け。歌詞にはLinQの活動拠点でもある福岡に関するワードが多く入っているのも注目したいところです。

続いては「Supreme」で会場を沸かせます。イントロから煽りを入れたりクラップが飛び交うなど、序盤からメンバーのテンションもMAXに。

「懐かしい思い出の場所を思い出しながら聞いて欲しいと思います」との曲振りから披露されたのは「マイ・フェイバリット・ソング」。
ミディアムナンバーで先ほどとは違った一面を見せてくれました。メンバーが肩を組む場面もあり、笑顔がとても印象的な1曲です。

テンポ感あるアップテンポナンバーでもある「もっともっといつかきっと」は、大サビでの力強い腕回しパフォーマンスが必見。
続く「for you」では間奏でキレのあるパフォーマンスを見せてくれ、終盤に向け会場を盛り上げます。

ここでKiss Beeとのコラボで「チャイムが終われば」を披露。今回のLIVEだからこそ実現できた夢のようなコラボに、会場のボルテージは最高潮に。

最後の曲はナオト・インティライミさん提供楽曲の「ハレハレ☆パレード」で会場をお祭り状態にします。「Hare-hare」での会場の一体感は素晴らしいもので、これ以上ない最高の盛り上がりを見せてくれました。

九州を拠点に活動しているLinQ。今回もこの日のために九州から東京まで遠征してきたとのこと。既に知名度は全国区となっており、更なる活躍が期待されること間違いなしです。


【LinQ セットリスト】

  • 1.ウェッサイ!!ガッサイ!!
  • 2.Supreme
  • 3.マイ・フェイバリット・ソング
  • 4.もっともっといつかきっと
  • 5.for you
  • 6.チャイムが終われば(Kiss Beeコラボ)
  • 7.ハレハレ☆パレード
GEM
3組目に登場したのはGEM。

ソロパフォーマンスを含めたオープニングSEからGEMの世界観が満載です。この後のパフォーマンスも期待されるようなSEでした。

その流れからの1曲目はメジャーデビュー曲の「We’re GEM!」。
存在感溢れるキレのあるパフォーマンスで、会場を引き込んでいきます。

MCを挟んでの曲披露は、自身最高位でもあるオリコン3位を獲得した「Fine! ~fly for the future~」。間奏の素晴らしいパフォーマンスも必見です。

「FLY NOW!!」では曲にラップが入ったり、大サビではメンバー全員が前にきて横1列になり会場に煽りを入れます。まだまだこれからの盛り上がりが期待されそうな瞬間でした。

そして、ここでGEMとKiss Beeのコラボが実現。Kiss Beeからのリクエストで「Baby, Love me!」を共に歌い上げます。貴重なコラボに会場は大盛り上がりでした。

コラボの後は再びGEMのステージへ。
爽やかさ溢れる「BFF」はサビで手を前に振るという振り付けがあり、これを真似るファンが続出。
メンバーの笑顔もここぞとばかりに弾け飛んでおり、会場のテンションも最高潮に。

その後、疾走感溢れるメロディーが印象的でその場でぐるりと回る振り付けがある「Can’t Stop Loving」、
サビでは人差し指を高々と掲げる「Do You Believe?」を最後に披露し、GEMの魅力を見せつけてくれました。

GEMの圧倒的な存在感はアイドルという言葉に収めてしまうのがもったいないほど。10人それぞれが織り成す息の合ったパフォーマンスには思わず目を奪われるほどです。


【GEM セットリスト】

  • 1.We’re GEM!
  • 2.Fine! ~fly for the future~
  • 3.FLY NOW!!
  • 4.Baby, Love me!(Kiss Beeコラボ)
  • 5.BFF
  • 6.Can’t Stop Loving
  • 7.Do You Believe?

sponsor link





  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志





取材ライター募集
突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る