sponsor link

sponsor link

愛乙女☆DOLL全国ツアー秋〜ラブリー♡コレクション〜 in 恵比寿CreAto 2016.10.1



愛乙女☆DOLL

愛乙女☆DOLL

ライブレポート

2016年10月1日。愛乙女☆DOLLが恵比寿CreAtoにて「愛乙女☆DOLL全国ツアー2016秋~ラブリー♡コレクション~」を開催しました。

新体制の8人となって初の全国ツアー。今回ツアーは2部制での開催となっておりキュート公演とクール公演に分けられていますが、初日となるこの日はキュート&クール公演を混ぜた貴重な公演。

LIVE序盤はクールな愛乙女☆DOLLを見せます。

「蒼い空を望むなら」では足を高々と蹴り上げるパワフルなパフォーマンスを見せてくれ、最初から最後まで一貫したかっこよさが印象的な1曲。
「ダイヤモンド」は幻想的なメロディーが曲の世界観をさらに引き立たせます。どーらー(愛乙女☆DOLLファンの呼び名)に感謝の想いを伝えるかのような歌詞にも注目しながら聞きたい曲です。

ユニットでは愛迫さん・佐野さん・ハルナさん・安藤さんの4人で大人の色気たっぷりな「Bargain girl」を歌いあげれば、太田さん・吉橋さん・中川さん・佐倉さんの4人でキュートらしさ全開の「Digital Date」を披露し、ワンマンLIVEならではの演出を見せてくれました。

直後のMCでは「Bargain girl」を初めて披露した安藤さんから「3人の迫力に圧倒されながら必死で練習しました」とのこと。愛迫さんからも「うちらも披露するの久しぶりだね」と貴重な1曲になりました。

「Digital Date」を歌ってくれた組では、中川さんから「前回のツアーではユニットがなかったじゃないですか。だから、今回のツアーでユニットが出来て嬉しいなって」と話されれば、吉橋さんから「このキュート組の4人は同期の4人で、このメンバーで何かをするのはあったようでなかったので嬉しかったです」とコメント。

後半戦はキュートな愛乙女☆DOLLを届けます。

随所にかわいい振り付けが多く見られる「恋のスパイス」。メンバーが円になって料理をするパフォーマンスは必見。
らぶどるの盛り上がり必至ナンバーである「セツナツ、ダイバー」ではMIXが会場全体に響き渡り、サビではメンバーと共に踊るどーらーが続出。

本編ラストはアップテンポナンバー「LOVE♡BEAM」で会場の熱気は最高潮に。円になってメンバーが人差し指を中心に集めたり、メンバー同士でじゃれ合う場面なども見せてくれ、メンバーの仲睦ましい姿がとても微笑ましい光景でした。

アンコールは「カレンダーガール」からスタート。アンコールに入ってもキレのあるパフォーマンスはまったく衰えることなく、どーらーからのアンコールにメンバーはハイテンション状態。

最後は「High Jump!!」で締めくくります。愛乙女☆DOLL自身のことを書いたような歌詞はどーらーならずとも必見。ツアーを絶対に成功させるという彼女たちの強い意志がパフォーマンスによく表れており、その姿には鳥肌が立つほどでした。

アンコールが終わると鳴り止まないどーらーからの声援にこたえ、メンバーが急遽ステージに登場。マイクを通さずに今日訪れたどーらーに感謝の想いを伝える姿は、メンバーのツアーへの意気込みがひしひしと伝わってきました。

いよいよ始まった愛乙女☆DOLL秋の全国ツアー。ツアーファイナルは11月13日に日本橋三井ホールにて2部制で開催します。

sponsor link




「全国ツアー秋~ラブリー♡コレクション~」
2016年10月1日 恵比寿CreAtoセットリスト

  • 1.ビターチョコ・バレンタイン
  • 2.蒼い空を望むなら
  • 3.Knock Knock Boom Boom
  • 4.ダイヤモンド
  • 5.BRAVER
  • 6.Bargain girl(愛迫・佐野・ハルナ・安藤)
  • 7.Digital Date(太田・吉橋・中川・佐倉)
  • 8.恋のスパイス
  • 9.セツナツ、ダイバー
  • 10.流れ星
  • 11.エアプレーン
  • 12.LOVE♡BEAM
  • encore
  • 1.カレンダーガール
  • 2.High Jump!!


  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶愛乙女☆DOLL取材レポはコチラ

▶▶取材レポTOPへ

sponsor link





取材ライター募集
突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る