sponsor link

sponsor link

愛乙女☆DOLL全国ツアー秋〜ラブリー♡コレクション〜 in 日本橋三井ホール 2016.11.13



愛乙女☆DOLL

愛乙女☆DOLL

ライブレポート

2016年11月13日。愛乙女☆DOLLが日本橋三井ホールにて「愛乙女☆DOLL全国ツアー2016秋~ラブリー♡コレクション~」ツアーファイナルを開催しました。ネクスト・スターライトは1部を取材。

2部制となっている今回のツアーではキュート公演とクール公演に分かれており、本公演はキュート公演。

1曲目に「LOVE♡BEAM」を持ってくることで、序盤から会場のボルテージを一気に上げていきます。メンバーがサイリウムを持って担当カラーを照らしているのも印象的な光景。大サビではステージの照明も落ち、8色のカラーが会場に光輝きます。

愛乙女☆DOLLの夏ソングでもある「セツナツ、ダイバー」では、どーらー(愛乙女☆DOLL)もメンバーと共に踊るのがお決まりの曲で、会場が完全に夏のような熱気に包まれ、序盤とは思えないほどの盛り上がりを見せます。

この日のMCは各メンバー今日の見どころを紹介。

佐野さん「この全身から出る汗です。3曲でこれなんで全部終わった後はどうなっているかみなさん楽しみにしていてください」
ハルナさん「全員の心に届くようなダンスをしていきたいと思います」
吉橋さん「ころころ変わる表情に注目してくださいね」
愛迫さん「頭から足のつま先まで、アイドル人生を懸けて今日このステージに立っています。このツインテールも思いっきりしちゃいました」
太田さん「バカっぽいと言われるので、バカっぽさを全面に出して頑張っていきたいと思います」
中川さん「がむしゃらに全力でぴよぴよしていきたいと思います」
佐倉さん「パワフルさにかわいいさをプラスして全力で頑張りたいと思います」
安藤さん「名前の通り笑のスマイルで頑張っていきたいと思います」

ツアーファイナルというのもあり、メンバーそれぞれ気合いの入ったコメントをくれました。

MC明けも、キュート公演にふさわしい可愛らしさ振り付けやアイドルらしさ溢れる楽曲を届けていきます。それらの楽曲を愛乙女☆DOLLの持ち味である全力のパフォーマンスで披露。

終盤戦はアップテンポナンバーを畳み掛け、会場全体を熱気の渦に巻き込みます。

8人体制になって初のシングル曲である「ラブリー☆メラメラサマータイム」は、愛乙女☆DOLLの新たな盛り上がりソング。メンバーがヘドバンをしたり煽りが入ったりと、そんなメンバーの姿を見て、どーらーも必然とテンションが上がります。

ここで「ワチャゴナ!」を持ってくれば会場は完全にお祭りムード一色。メンバーもタオルを振り回し、テンションはMAX状態。ステージに構成された階段もうまく使っており、ツアーファイナルにふさわしいステージ演出を見せてくれました。

アンコールは「LOVE&PEACE」からスタート。このツアーを支えてくれたどーらーに向けられたような歌詞は必見。サビでは人差し指を前に出してからピースサインに変える彼女たちの表情は笑顔に包まれていました。

最後の曲は「流れ星」で締めくくります。会場には8つの星が光り、会場はどーらーからこの上ない声援が送られ、ツアーファイナル キュート公演は終演。

8人体制となって初の全国ツアーとなった愛乙女☆DOLL。2部には新曲も披露され、2017年も更なる飛躍が期待されます。

sponsor link




「全国ツアー秋~ラブリー♡コレクション~
ツアーファイナル」
2016年11月13日 日本橋三井ホールセットリスト

  • 1.LOVE♡BEAM
  • 2.☆U☆
  • 3.セツナツ、ダイバー
  • 4.恋のスパイス
  • 5.誰より君がNo.1
  • 6.君はストーム
  • 7.君とゆびきり(愛迫・佐野・ハルナ・安藤)
  • 8.Digital Date(太田・吉橋・中川・佐倉)
  • 9.ラブリー☆メラメラサマータイム
  • 10.ワチャゴナ!
  • 11.カレンダーガール
  • 12.キセキ
  • encore
  • 1.LOVE&PEACE
  • 2.流れ星


  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶愛乙女☆DOLL取材レポはコチラ

▶▶取材レポTOPへ

sponsor link





取材ライター募集
突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る