sponsor link

sponsor link

溝手るか Ruka 1st LIVE “beginning”~twenty~[1部] in Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE 2017.1.25



溝手るか

溝手るか

▶▶2部レポはコチラ

【1部】ライブレポート

2017年1月25日。SUPER☆GiRLSの溝手るかがMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASUREにて「Ruka 1st LIVE “beginning”~twenty~」を開催しました。

ネクスト・スターーライト2部制で開催されたイベントの両部共取材。

この日は溝手さんの20歳の誕生日当日。会場には記念すべき20歳の溝手さんをお祝いしようと、多くのファンが駆け付けました。

●1部
まずはアカペラで自身のオリジナルソングである「always」を披露。この曲は溝手さん自身が作詞した曲でもあります。イントロのアカペラ後に響くピアノの音が曲の世界観より引き立たせてくれました。

曲明けには溝手さんから挨拶がありました。「お仕事とか学校とかお休み調整してきてくれた方がほとんどだと思うんですね。今日だけはこのLIVEをみなさんに見ていただきたくて、休んでくれてありがとうございます」と平日のお昼にも関わらず、集まったファンに感謝の気持ちを述べていました。

続いてもオリジナルソングの「possible」を歌い上げます。会場からは温かな拍手が溝手さんに送られます。

ここでスキマスイッチ楽曲「全力少年」をカバー。溝手さんの呼びかけに会場は総立ちになります。男性アーティストの曲を女性である溝手さんがカバーすることにより、本家とは違った良さが生まれていました。

多くの人が知っている斉藤和義さん楽曲「歩いて帰ろう」を持ってくることで会場をさらに盛り上げていきます。溝手さんもステージを移動し自らクラップをするなど楽しそうな姿は印象的です。歌い終えると会場からは拍手喝采。

この日が誕生日当日の溝手さん。「20歳になったらすごく変わると思ったんですよ。でも、12時回っても何も変わらなくて」と20歳の変化はまだ実感できていないとのこと。

ここで20歳になったというのもあり、大人の楽曲を届けます。溝手さん自身で作詞作曲した「9月に鳴く蝉」。会場は優しい雰囲気に包まれ、会場にいる多くの方が溝手さんの歌声に酔いしれていました。

orange pekoe楽曲「やわらかな夜」を披露すれば会場は大人なムード漂う雰囲気に包み込まれます。アイドルの溝手るかとは違う、大人の雰囲気漂う姿をしっかりと見せてくれました。

アンジェラ・アキさん楽曲「手紙~拝啓十五の君へ~」をカバー。ミディアムナンバーですが、力強く歌い上げる溝手さんの姿には思わず目を奪われます。ピアノのメロディーがメインとなっていますが、溝手さんの歌声との相性も抜群。

aikoさん楽曲「夢見る隙間」を持ってくることで会場を大人のムードにさらに染め上げます。大人の女性を感じさせてくれる彼女の姿に会場は釘付けです。

MCを挟んでからは弾き語りで熊木杏里さん楽曲「誕生日」を心を込めて歌ってくれました。ステージにいるのは彼女1人。ですが、堂々とピアノを弾きながら優しい歌声を聞かせてくれました。

両親にあてた歌詞にも注目して聞きたい「パパとママへ」を披露。20年間自分を育ててくれた両親に向けて、これ以上ない感謝の想いをこめて歌声を届ける溝手さんの表情は心にグッと響きます。

しっとりした雰囲気から一転。ここからは会場を盛り上げていきます。

まずはDREAMS COME TRUE楽曲「その先へ」。前向きな歌詞が特徴となっており、聞いている者の背中を押してくれる1曲でもあります。

バンド映えする浜田省吾さん楽曲「J.BOY」でスタンドマイクを使って歌い上げる溝手さんの表情は凛々しく、かっこよさが溢れ出ていました。

溝手さんも思わずジャンプをしてしまう、名曲Mr,Children楽曲「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」で会場はさらなる熱気に包まれます。溝手さんのテンションも上がり、客席にマイクを向けたりするパフォーマンスも披露。会場からはクラップが鳴り響き、素晴らしい盛り上がりとなりました。

ラストナンバーはオリジナルソングの「Beginning」で締めくくります。

この曲には始まりという意味が込められており、20歳という記念すべき日に改めての決意表明のようにも感じられました。溝手さんの想いがたくさん詰まっている歌詞にも注目しながら聞きたい1曲に仕上がっています。

アンコールではミディアムナンバーである絢香さん楽曲「ありがとうの輪」からスタート。歌詞には”ありがとう”というワードが多く登場し優しい楽曲となっています。まるでこの会場に駆けつけてくれたファンに向けて歌っているかのような溝手さんの表情がとても魅力的でした。

sponsor link




「Ruka 1st LIVE “beginning”~twenty~」
2017年1月25日 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE 1部セットリスト

  • 1.always
  • 2.possible
  • 3.全力少年/スキマスイッチ
  • 4.歩いて帰ろう/斉藤和義
  • 5.9月に鳴く蝉
  • 6.やわらかな夜/orange pekoe
  • 7.手紙~拝啓十五の君へ~/アンジェラ・アキ
  • 8.夢見る隙間/aiko
  • 9.誕生日/熊木杏里
  • 10.パパとママへ
  • 11.その先へ/DREAMS COME TRUE
  • 12.J.BOY/浜田省吾
  • 13.シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~/Mr.Children
  • 14.Beginning
  • encore
  • ありがとうの輪/絢香


  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶2部レポはコチラ

▶▶SUPER☆GiRLS取材レポはコチラ

▶▶取材レポTOPへ

sponsor link





取材ライター募集
突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る