sponsor link

sponsor link

palet Tuesday Night with ぷちぱすぽ☆ in AKIBAカルチャーズ劇場 2017.3.21



palet with ぷちぱすぽ☆

palet with ぷちぱすぽ☆

ライブレポート

2017年3月21日。AKIBAカルチャーズ劇場にて「palet Tuesday Night with ぷちぱすぽ☆」が開催されました。

ぷちぱすぽ☆

まず登場したのは、ぷちぱすぽ☆。

この日はTwitterの誕生日というのもあり、自身のTwitterアカウントが書かれているゼッケンを付けての登場。ゼッケンの後ろには、メンバー自身が好きな数字が書かれているのもポイントです。

1曲目に持ってきたのは「全力スイマー」。曲名通り泳ぐ振り付けが多く見られます。サビでは軽快な動きを見せ、サポーター(ぷちぱすぽ☆ファンの呼び名)もメンバーと共に振り付けを真似て一緒に踊ります。

MCでは体調不良で休んでいた千葉さんが帰ってきたというのもあり、本人から「復活したぜ、イェーイ」と元気な一言。共演相手であるpaletが「palet拡散しNIGHT」という企画を実施。それに合わせて、撮影可能曲をTwitterのアンケート機能で選んだことが話題に。山本さんが「投票した人いる?」と聞くとメンバーが手を挙げる中、外園さんだけ手が挙がらず「ごめんなさい」と謝っていました(笑)
投票した曲について八木さんが「ひなはBelieve in Yourself!」と言うと、藤本さんも「理子も」と大興奮。ちなみに山本さんも同曲で、千葉さんはイチゴ気分とのことでした。

MC明けはフラメンコ調が印象的な「結果オーライ!ケセラセラ!」で会場を沸かせます。疾走感溢れるナンバーに仕上がっており、ぷちぱすぽ☆の盛り上がりソングです。手を上下に振ったりクラップする場面があるため、一緒に楽しむことができる1曲でもあります。

続いては「熱血ポジティブレヴォリューション」を披露。ステージを元気に走り回るぷちぱすぽ☆の姿を見ることができます。ニッポンや日の丸というワードが歌詞に入っており、これこそまさに応援ソング。

「ウルトラサンバ」がくれば会場はカーニバルに一転。思わずリズムに乗りたくなるような軽快なメロディーに、サポーターの声援も一際大きくなります。間奏ではメンバーがリンボーダンスを見せてくれるのでぜひとも注目したいところ。

ラストは「サムライガール」で締めくくります。5人で黄金のバトンを繋いでいくパフォーマンスは、スポーツ応援集団のぷちぱすぽ☆ならでは。MIXやメンバーコールもここぞとばかりにあちこちから聞こえ、最後の曲にふさわしい盛り上がりとなりました。

ぷちぱすぽ☆は5月28日にSOUND MUSEUM VISIONにて「2周年記念3rdワンマン~ひと足お先に!ぷち世界陸上~」の開催が決定しています。

palet

続いて登場したのは、palet。

アップチューンナンバーの「Over The Rainbow」から彼女たちのLIVEはスタート。イントロからキレのあるパフォーマンスを見せつけ会場を魅了させていきます。メンバーと振り付けを真似るペインター(paletファンの呼び名)が多く見られました。

MCではTwitterの誕生日というのもありその話題に。平口さんは「日常だからやってないと気が済まない」とのこと。渡邊さんからは「結衣ちゃん(藤本さん)のさ、夜中のツイートあれなに」と一言。
気になる方はぜひとも藤本さんをフォローしてチェックしてみましょう(笑)
MCでも大きな盛り上がりを見せ、この点もpaletの大きな魅力です。

この日は座右の銘を書き初めしたメンバー。メンバーが書いた内容はこちらです。

平口さん:継続は力なり
藤本さん:自分のルールが世界のルール
渡邊さん:一期一会を大切に
小磯さん:努力を惜しまない
一ノ瀬さん:人生一度きり
反田さん:地元愛を世界へ
齋藤さん:笑顔を絶やさない
羽原さん:百花繚乱に生きる

MC後は「Celebration~トキメキ Good Time~」を披露。メンバーも積極的に会場を煽り、ペインターもそれにこたえるかのようにメンバーに声援を送ります。随所に真似できる特徴ある振り付けがあるため、ペインターと会場を1つにしていきました。

続いて、これこそまさしくアイドルソングである「LOVE n’ ROLL!!」を届けます。かわいい振り付けが多いため、キュートなpaletを多く見ることができる1曲。間奏では大きなクラップも起こり、後半戦に向け会場を沸かしていきます。

「走ってみた。」ではペインターの声援が欠かせない1曲。メンバーも全員が前方まで出て会場を煽ります。また、メンバー同士でじゃれ合ったりと仲睦ましい姿も見せてくれ、その様子には見ている側もほっこりするほど。

爽やかさ溢れる「Fly Away」では手を横に大きく振るのが特徴の1曲。簡単に真似できるため、会場では多くのペインターがメンバーと共に手を大きく振っていました。

この日のテーマは「palet拡散しNIGHT」。そのため、1曲だけ撮影可能曲を設け、それをSNSに載せてpaletを拡散しようというもの。撮影可能曲はTwitterのアンケート機能によって選ばれ、投票が1番多かったのは「イチゴ気分」。また、動画撮影もOKとなりこれにはペインターも大興奮。

「イチゴ気分」はpaletのかわいい曲代表と言っても過言ではない曲。メンバーが「会いたい」と歌ったらそれに続いてペインターが「俺もー!」と言うのはこの曲には欠かせないもの。素晴らしい一体感ぶりを見せLIVEは幕を閉じました。

3月26日にはMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASUREにて、新体制初のワンマンLIVE「palet LIVE 2017 ~EVOLUTION~」が開催されます。

sponsor link




「palet Tuesday Night with ぷちぱすぽ☆」
2017年3月21日 AKIBAカルチャーズ劇場セットリスト

  • ■ぷちぱすぽ☆
  • 1.全力スイマー
  • 2.結果オーライ!ケセラセラ!
  • 3.熱血ポジティブレヴォリューション
  • 4.ウルトラサンバ
  • 5.サムライガール
  • ■palet
  • 1.Over The Rainbow
  • 2.Celebration~トキメキ Good Time~
  • 3.LOVE n’ ROLL!!
  • 4.走ってみた。
  • 5.Fly Away
  • 6.イチゴ気分y



  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶取材レポTOPへ

sponsor link





取材ライター募集
突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る