sponsor link

sponsor link

palet LIVE 2017 ~EVOLUTION~ in マウントレーニアホール渋谷 2017.3.26



★palet★

palet

ライブレポート

2017年3月26日。paletがMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて「palet LIVE 2017 ~EVOLUTION~」を開催しました。この日の公演はSold out。新体制となったpaletへの注目度がよくわかります。

「Fly Away」からLIVEは幕開け。会場は8色のサイリウムで染まります。手を中央に集める場面ではグループとしての絆を感じさせてくれるほど。メンバーも1曲目から気合いの入ったパフォーマンスを見せてくれました。

「滲色ホライズン」のイントロが流れると歓声が起きるほど。ぺインター(paletファンの呼び名)からはメンバーコールもあり、序盤から大盛り上がり。間奏では8人全員の息の合ったダンスパフォーマンスは必見です。

ここでバラードナンバー「SNOW DISTANCE」を披露。会場をしっとりした雰囲気に包み込みます。メンバーの大人らしさを感じさせてくれる1曲でもあり、先ほどの2曲とは違った表情を見せてくれました。

MCでは新メンバーの3人からコメント。

反田さん「曲も多いし、今日しかないっていうこの楽しい時間を作っていきたいと思います」
羽原さん「こんなにたくさんの曲ができるワンマンLIVEで、レッスンも何回も重ねて練習してきたので、その成果を出せるように頑張りたいと思います」
齋藤さん「初のワンマンLIVEですごいドキドキしているんですけど、盛り上がっていきたいなと思います」

MC明けの曲は「VICTORY」。動画撮影が可能とのことでぺインターも大興奮。この曲ではかっこいいpaletの姿を多く見ることができる1曲。かわいいだけではないpaletの魅力を知ることができます。

まだまだかっこいいpaletを見せます。壮大なスケールのメロディーが印象的な「Run to the New Wind」では英語の歌詞も多く、クールなpalerを余すことなく披露。サビの振り付けを真似るぺインターの姿が多く見られ、会場を1つにしていきます

「走ってみた。」がくれば声を思いっきり出す時間。ぺインターの声援が欠かせない1曲です。歌詞にある「全力 ラン」のように、メンバーも全力のパフォーマンスを届けてくれます。会場を盛り上げるにはぴったりのナンバーです。
MCを挟んでからは7曲連続で披露。

メンバーと踊り、声をとことん出す曲でもある「Celebration~トキメキ Good Time~」で会場のテンションはヒートアップ。間奏ではぺインターからのガチ恋口上もあり、盛り上がりが衰えないとはまさにこのこと。

スピード感溢れるナンバーの「Shake My Soul」では、メンバー同士でハイタッチをしたり肩を組んだりと仲睦まじい姿が多く見られました、メンバーの表情も笑顔で溢れ返り、このLIVEをとことん楽しんでいる様子がとてもよく伝わります。

MIXも飛び交うアップチューンナンバー「キミノコト」で会場をさらに沸かせます。この曲では歌詞にグループ名が入っているのも特徴です。かわいい振り付けが随所に見られ、paletのキュートさがここぞとばかりに爆発。その姿には思わず目を奪われます。

「LOVE n’ ROLL !!」では「なんでなの?」の部分をぺインターも歌えば、会場のスイッチはオン。この曲ならでのコールではぺインターだけではなく、メンバーも共にやるのがなんとも微笑ましい光景。大きな声援が会場内に響いていました。

ここで一ノ瀬さんが会場を煽ればぺインターのボルテージは急上昇。

そこから「ダイスキっ!!~恋のSeason~」に突入。最高の笑顔でピースをしてくれるその姿はぺインターなら必見。間奏ではメンバーが横1列になってヘドバンをします。もちろんぺインター同士でも肩を組んでメンバーと共にヘドバンし、会場が1つに。最後はメンバー同士でハグをするも、一ノ瀬さんが藤本さんを避けるという、見ていて思わず笑ってしまう場面もありました。

背中を押される歌詞にも注目したい「All for One」。彼女たちが天高く掲げる人差し指には、グループに懸ける熱い想いが感じられました。サビ前にある手を中央に集める場面では、グループとしての強い絆が見え、その光景には鳥肌が立つほど。

7曲連続最後の曲は「イチゴ気分」で締めくくります。とにかくかわいらしい歌詞や振り付けが多くあり、paletに惚れてしまうこと間違いなしの1曲です。一瞬たりともそのキュートな姿から目を離すことができません。

アンコールではメジャーデビュー曲「Believe in Yourself !」からスタート。前向きな歌詞にメンバーの表情も笑顔が咲き誇ります。腕を高々と上げる場面では、会場内に数え切れないほどの腕が上がっていました。

「Glory Days」では今1番見せられる最高にかっこいいpaletの姿を余すことなく見せます。間奏で小磯さんが見せてくれるダイナミックパフォーマンスは見逃せません。

ラストナンバーは「Over The Rainbow」。今のpaletを思わせてくれる歌詞にも注目したいところ。最後まで全力で力の限りのパフォーマンスを届けてくれました。

6月7日にはリレコーディングベストアルバム「REGENERATION ~5th Anniversary Best~」の発売が決定。また、6月10日の東京公演を皮切りに、結成5周年記念ツアーの開催も決定。新体制となったpaletの活動から目が離せません。

sponsor link




「palet LIVE 2017 ~EVOLUTION~」
2017年3月26日 マウントレーニアホール渋谷 セットリスト

  • 1.Fly Away
  • 2.滲色ホライズン
  • 3.SNOW DISTANCE
  • 4.VICTORY
  • 5.Run to the New Wind
  • 6.走ってみた。
  • 7.Celebration~トキメキ Good Time~
  • 8.Shake My Soul
  • 9.キミノコト
  • 10.LOVE n’ ROLL !!
  • 11.ダイスキっ!!~恋のSeason~
  • 12.All for One
  • 13.イチゴ気分
  • encore
  • 1.Believe in Yourself !
  • 2.Glory Days
  • 3.Over The Rainbow


  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶取材レポTOPへ戻る

sponsor link





取材ライター募集
突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る