sponsor link

sponsor link

PASSPO☆&ぷちぱすぽ☆ FridayNight in AKIBAカルチャーズ劇場 2017.3.3



ぷちぱすぽ☆ & PASSPO☆

ぷちぱすぽ☆ & PASSPO☆

ライブレポート

2017年3月3日。AKIBAカルチャーズ劇場にて「PASSPO☆&ぷちぱすぽ☆ FridayNight」が開催されました。

ぷちぱすぽ☆

先に登場したのはぷちぱすぽ☆。

まずはアップテンポナンバーの「結果オーライ!ケセラセラ!」で会場のテンションを一気に上げます。手を上下に振ったりクラップがあったりなど、会場を盛り上げるには持ってこいのナンバーです。

MCではこの日がひな祭りというのもあり、名前が“ひなた”の八木さんがひな祭りを混じえた自己紹介を披露してくれました。この日の共演者でもあるPASSPO☆の最新アルバム「Cinema Trip」の話題に。外園さんは「なおみんさん(安斉さん)と杏奈さん(玉井さん)が主演のWEEKDAY QUEENSがすごくいいなって」とのこと。

MC後はPASSPO☆楽曲「ピンクのパラシュート」をカバー。スポーツ応援集団というのもあり、スポーツ系や応援ソングが多いぷちぱすぽ☆。この楽曲ではとにかくかわいいぷちぱすぽ☆の姿を多く見ることができ、自身の持ち歌とは違った彼女たちの一面を見ることができます。最後に藤本さんが指揮を取って合唱する場面も見所です。

まだまだPASSPO☆楽曲を届けます。続いては「LA LA LOVE TRAIN~恋の片道切符~」で会場をさらにヒートアップ。タオル回しが欠かせないこの楽曲で会場を熱気に包みます。この曲ならではのコールも、ぷちぱすぽ☆バージョンにアレンジされているのもポイント。

ここで「ウルトラサンバ」を持ってくれば会場は完全にカーニバルのような盛り上がり。サビでは振り真似をするサポーター(ぷちぱすぽ☆ファンの呼び名)が続出し、メンバーも会場を積極的に煽ります。スピード感溢れるナンバーというのもあり、会場を見事に沸かしてくれました。

「サムライガール」はぷちぱすぽ☆のデビュー曲。誰もが1度は聞いたことあるイントロのメロディーで曲の世界観に一気に引き込まれます。この曲では黄金のバトンを使ったパフォーマンスがあり、その点も見逃せません。最後は5人でオリンピックのマークを作って終わるのも必見です。

ここでぷちぱすぽ☆がPASSPO☆の卒業ソング「サクラ色」を初カバー。しかも、PASSPO☆の根岸さんがピアノ伴奏で披露してくれるとのこと。

いつものぷちぱすぽ☆とは違うスタンドマイク、そして初披露というのもあり、緊張の様子が隠せないぷちぱすぽ☆。しかし、堂々とした姿で歌を聞かせパフォーマンスを見せてくれました。
藤本さんからは「リハーサルだと倍以上悪かったよね」とのこと。千葉さんからは「リハーサルだと歌詞も出てこなくて、本番では歌詞が出てきてよかった」と話されていました。山本さんからは「ぷちぱすぽ☆にとってしっとりした曲ってやるの初めてだったから新鮮なことばかりで」と、初挑戦の点がたくさんあったとのこと。

今後もまた披露される可能性も十分にあるとのことで、5月28日にSOUND MUSEUM VISIONにて開催される「2周年記念3rdワンマン~ひと足お先に!ぷち世界陸上~」を要チェックです。

PASSPO☆

続いては登場したのはPASSPO☆。

1曲目に持ってきたのはこれからの季節のぴったりな「サクラ小町」。メンバーコールも聞こえ、序盤から大きな盛り上がりを見せます。この曲ではPASSPO☆ならではのCA風のマイクの持ち方にも注目したいところ。

MCでは先ほど登場したぷちぱすぽ☆の話題に。
玉井さんから「優菜(山本さん)ははちまきをアレンジして猫耳みたいな」と触れれば、増井さんから「個性出してきたよね」と一言。そして、根岸さんのピアノ伴奏について根岸さん自身からは「すんごい間違えちゃった」と話されていました。
そんな根岸さんに岩村さんから「でも、リハーサル何回もやっていたよね」とのこと。今回ぷちぱすぽ☆がカバーするとのことで、振り付けは森さんと藤本さんが指導したとのこと。当時の自身のMVを見直したところ藤本さんが「自分たちが不細工すぎて」と言えば、森さんも「ひどくて、顔が」と振り返っていました。

MC明けからは2月15日発売の最新アルバム「Cinema Trip」から2曲連続で披露。

まずは「PlayGround」。ゾンビがテーマのこの曲ではその世界観を歌詞、メロディー、振り付けでとことん表現されています。この曲はPASSPO☆には今までなかった縦ノリナンバーというのも注目なところ。イントロのクラップをクルー(PASSPO☆メンバーの呼び名)と共にパッセンジャー(PASSPO☆ファンの呼び名)も真似るのも恒例です。増井さんと玉井さんの最年少コンビでの絡み合いもこの曲の見所かと思われます。

続いての「NASA! ~なんであいつ好きなんだ、嗚呼~」ではイントロからのその曲に一気に引き込まれる1曲。「チャッチャッチャチャッチャッチャ ギミチャンス」の部分ではクルーと共に振り付けを真似るパッセンジャーが続出。曲の随所にPASSPO☆のアメリカンガールズロックが盛り込まれており、イントロとのギャップにも注目したいナンバー。

「Cosmic You」のイントロが流れるとパッセンジャーからは大歓声。安斉さんからも「一緒に腕を上げてください」との煽りがあれば、パッセンジャーも待っていましたかと言わんばかりに力強く腕を上げます。会場のテンションをさらに上げ、終盤戦に向け素晴らしい盛り上がりを見せてくれました。

次の曲は「Music Navigation」を持ってきます。歌い出しの森さんの力強い歌声がなんとも印象的な1曲。「継続こそが最短のルール」という歌詞は、PASSPO☆だからこそ歌えるフレーズです。彼女たちを描いた歌詞、PASSPO☆ならではの飛行機に関する振り付けなど、それらが重なった彼女たちの姿には鳥肌が立つほど。PASSPO☆の7人が横1列に並ぶだけで、どこのアイドルグループよりも絆が深いというのをとてもよく感じます。

最後の曲はメジャーデビュー曲「少女飛行」。この曲では彼女たちの笑顔がとにかく多く見ることができる1曲。メジャーデビュー曲というのもあり、彼女たちにとっても思い出の曲でしょう。原点に帰るかのように、マイクの持ち方がCA風になっているのも注目です。最後は会場全体でクラップが起き、大盛況の中でLIVEは幕を閉じました。

現在全国ツアー「歌って踊って奏でるツアー」開催中のPASSPO☆。千秋楽は4月1日にshibuya duo MUSIC EXCHANGEで開催されます。

sponsor link




「PASSPO☆&ぷちぱすぽ☆ FridayNight」
2017年3月3日 AKIBAカルチャーズ劇場セットリスト

  • ■ぷちぱすぽ☆
  • 1.結果オーライ!ケセラセラ!
  • 2.ピンクのパラシュート/PASSPO☆
  • 3.LA LA LOVE TRAIN~恋の片道切符~/PASSPO☆
  • 4.ウルトラサンバ
  • 5.サムライガール
  • 6.サクラ色/PASSPO☆
  • ■PASSPO☆
  • 1.サクラ小町
  • 2.PlayGround
  • 3.NASA! ~なんであいつ好きなんだ、嗚呼~
  • 4.Cosmic You
  • 5.Music Navigation
  • 6.少女飛行



  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶取材レポTOPへ

sponsor link





突撃!LIVE取材レポ
[fua]
ページ上部へ戻る