sponsor link

sponsor link

PASSPO☆ 歌って踊って奏でるツアー【1部】 in HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3 2017.1.29



PASSPO☆

PASSPO☆

▶▶2部レポートはコチラ

【1部】ライブレポート

1部はBAND体制、2部はダンス体制となっている今回のツアー。ネクスト・スターライトは2部制で開催されたフライト(PASSPO☆LIVEの呼び名)の両部共取材。

●1部
今回BANDでの全国ツアーは初となるPASSPO☆。BANDで聞くPASSPO☆の曲は普段のフライトとは違った曲の世界観を楽しむことができます。

PASSPO☆初のウィンターソング「ギミギミaction」は今の季節にぴったりの1曲。「Darling」の部分では森さんと岩村さんが手を差し出せば、パッセンジャー(PASSPO☆ファンの呼び名)もクルー(PASSPO☆メンバーの呼び名)に向かって手を差し出します。
岩村さんの担当楽器はタンバリンなのですが、この曲では鉄琴を使うというのもありその場面は要チェック。

MCでは増井さんから「かっこよくなりたくて無口なベーシストを…演じてたわけではないんですけど。やってたんですけど、SNSを見てみると『みおちゃんなんか機嫌悪かったのかな』とか言われてすごい心配をかけちゃったんですよ。
ここで1つお詫び申し上げたいなと思います」と話されれば会場は笑いに包まれていました。
そんな増井さんに対して玉井さんからは「無口って途中でなるもんじゃないなと思った」とコメント。

「Mr.Wednesday」では根岸さんがキーボードからショルダーキーボードに切り替えます。今回のツアーで初挑戦したショルダーキーボード。これを使うことにより、根岸さんがステージ上を移動することが可能となるため、BANDPASSPO☆の新たな武器にもなります。

この公演に前日に決まったらしいのですが、BANDPASSPO☆でのMCでは時事ネタでディベートするとのこと。この日はスマートフォンの電話アイコンの受話器マークが、若い世代に認知されていないとのこと。これにはクルーも驚きを隠せませんでした。

森さんから「9人でやってたときは自分のことに必死で、ボーカルでさえ自分のことに必死で。全然目とかも合わせられなかったりしてたんですけど、でも7人になってBANDを本格的にやるってなってから、目を合わせることって大事だなって、BANDをやってて感じて。目が合ったときって、本当になんかわからないんですけどすごく嬉しいんですよ。
ダンスのときも目が合ったとき『イェーイ』って感じみたいにになるんですけど、なんかそれ以上に嬉しいみたいな。みんなでやってるなっていうのをすごい自分の中で感じてて。こうやって全国ツアーを回らせてもらう機会が今回あって、その分成長していかなきゃなっていう気持ちがすごくあって、その姿をパッセンに見てほしくて。
ツアーって基本1週間空いてまたあって、その1週間でどれだけ成長したかというのをパッセンには見てほしいっていうのがすごくありまして。それなので、このツアーでは成長をパッセンに見守っていただきたいなと思います」
と熱い想いが語られていました。

そこから届けるのはBANDPASSPO☆の始まりの曲である「Perfect Sky」。クルーにとっても想い入れが強い曲というのもあり、その表情は真剣そのもの。1つ1つの音と1つ1つの歌詞を、丁寧に心を込めて歌って奏でます。間奏でパッセンジャーが鳴らすクラップはまるでクルーへのエールのようにも思えました。

BANDで届けるには最適な「Pock☆Star」で会場をヒートアップ。根岸さんが鳴り響かす華麗なキーボート、増井さんが弾く重低音MAXのべース、玉井さんが叩く心に深く響くドラム、森さんの力強いパワフルな歌声、岩村さんが奏でるタンバリンの音色、安斉さんと藤本さんが届ける魅力たっぷりなギター、この7人が作り出す最高の音色を会場にこれでもかというほど響かせてくれます。

アンコールでは今回のツアーグッズの話題に。Tシャツにある炎はツアータイトルである”ててでる”と書かれています。この日がツアー3本目になるのですが、根岸さんがそれに気づいたのはなんと昨日という。
そんな根岸さんは「だって、それくらいこう馴染んでる文字が。どっちかなーみたいになってて、うまいなー。気づくか気づかないかみたいな。あとから『そうだったんだー』になるようになってるって…すごい」と必死の弁明。ここは“いいのあいちゃんはいいの”気持ちで温かく見守ってあげましょう(笑)。

アンコールで披露した曲はPASSPO☆の中でも人気曲と盛り上がり必至ナンバー。PASSPO☆とパッセンジャーが1つになると言っても過言ではありません。安斉さんと藤本さんのギターコンビがステージ中央で背中合わせになる場面はなんとも印象的。ギターコンビならではの絆を感じさせてくれました。今回は2人のギターソロもあるため、2人が届けるロックな演奏は聞き逃せません。

BANDPASSPO☆としてのフライトを重ねるたびに確実な成長を見せてくれる7人。
そしてこの7人でBANDPASSPO☆というがよくわかるのが、クルー同士で目を合わせたり、楽器を演奏しながらも他のクルーの元に駆け寄ったりするのが本当に多い点です。PASSPO☆のフライトは行ったことあるけど、BANDPASSPO☆のフライトはまだ見たことがない人ほど、彼女たちの奏でる最高でロックな音を体験してみてください。

sponsor link





  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶2部レポートはコチラ

▶▶PASSPO☆取材レポはコチラ

▶▶取材レポTOPに戻る

sponsor link





突撃!LIVE取材レポ
[fua]
ページ上部へ戻る