" /> " />

sponsor link

sponsor link

PASSPO☆東名阪フライトツアー in 恵比寿リキッドルーム 2016.2.24



★PASSPO☆★

PASSPO☆

メンバープロフィール

  • 根岸 愛
    ★根岸 愛★
  • 森 詩織
    ★森 詩織★
  • 藤本 有紀美
    ★藤本 有紀美★
  • 岩村 捺未
    ★岩村 捺未★
  • 安斉 奈緒美
    ★安斉 奈緒美★
  • 玉井 杏奈
    ★玉井 杏奈★
  • 増井 みお
    ★増井 みお★

ライブレポート

2016年2月24日。PASSPO☆「Mr.Wednesday 東名阪フライトツアー」東京公演が恵比寿リキッドルームにて開催され、取材させていただきました。

この日のフライト(PASSPO☆LIVEの呼び名)は先週の名古屋に引き続き、搭乗券(ライブチケット)は完売に。平日とは思えない集客力に驚きを隠せません。

千秋楽でもあるフライトは「Musical Party」からスタート。セクシーなダンスパフォーマンスを見せてくれ、間奏にはクラップも入るなど、これからの盛り上がりを予感させてくれます。
続いての「Pretty Lie」ではイントロが流れるとパッセンジャー(PASSPO☆ファンの呼び名)からは歓声が。それもそのはず。この曲はパッセンジャーからの人気も非常に高い曲で、序盤とは思えないほどの一体感と盛り上がりを見せてくれました。

MCではフライト前に会場内で流れていた「Mr.Wednesdayラジオ」の話題。ランキングでは所々ツッコミを入れたくなるものもありまして(笑)
まずは、増井さん扮するMIO OF DEATHの話題から。根岸さんから「あの人の曲名何だっけ?」と聞かれ「生きる方法」と増井さんが答えると、会場内からは笑いが発生(笑)
玉井さんから「もう1個さ、腑に落ちなさすぎるものがさ」と振られると、藤本さんからは「違う、あれゆっきぃじゃないよ」と、まさかの自ら発言してしまうという(笑)

MC後にはクルー(PASSPO☆メンバーの呼び名)の紹介ソングでもある「7’s up」を披露。今回のツアーから新しく発売された、クルー担当カラーの7色に光る新誘導灯(ペンライト)。これをクルー自身も持ちながら次々にメンバーを紹介していくパフォーマンスは必見です。
最後には会場内の照明も落ち、誘導灯の光だけで会場内を照らしていました。PASSPO☆色に染まるその光景は鳥肌ものです。

岩村さんと玉井さんによる「君色のサンバ」・増井さんと安斉さんと岩村さんによる「Pock☆Star」・根岸さんによる「Shiny road」・森さんによる「無題」と、
ユニット毎のパフォーマンスはクルーの個性を活かし、それぞれの世界観を見事に見せてくれました。

2回目のMCでは「7’s up」とユニットパフォーマンスが話題に。「7’s up」では玉井さんの紹介になるとクルーも疲れてきてしまうとのことで、岩村さんからは「いつも『あんにゃ』って言おうとするんだけど、めっちゃ疲れて『はんにゃ』って言っちゃう」に会場内は爆笑の渦に(笑)
ユニット曲では見事なソロパフォーマンスを見せてくれた森さんは、感想を求められると「みんなが森の歌を聞いてくれてありがとうございますっていう感じです」とかっこよく答えると、会場内からは歓声と拍手の嵐でした。

盛り上がり必至ナンバーでもある「マテリアルGirl」が流れると、会場内のボルテージは一気に上昇します。サビではクルーとともに振りを真似るのがお決まりとなっており、クルーとパッセンジャーの一体感は素晴らしいものでした。

その後も「BABY JUMP~天国への搭乗便~」ではジャンプで会場を揺らし、「WANTED!!」では特徴のある振り付けから振り真似をするパッセンジャーが続出するなど、盛り上がりが衰えることを知らないとはまさにこのことではないでしょうか。
「STEP&GO」ではクルーも自由に動き回って遊び心を見せてくれたりなど、飽きることのないパフォーマンスを見せてくれるPASSPO☆の魅力は恐るべしです。

根岸さんからは「今まで支えてくれた、卒業したメンバーもそうだけど、スタッフさんもそうだし、パッセンジャーの想いをちゃんと背負って、この曲を歌っていきたいなと思います」から、
本編最後の曲は「TRACKS」。クルーの熱い想いが、1つ1つの歌詞やパフォーマンスに見事に表れていました。

アンコール1曲目は「少女飛行」を披露。飛行機に関するポーズが多く登場するのも特徴的な曲。そして、大サビではパッセンジャーによる大合唱もあり、素晴らしい一体感でした。

ここで、
5月10日にフリーワンマンLIVEと、5月28日にはBAND PASSPO☆として初の1stワンマンLIVE開催を発表。
安斉さんからは「日比谷野音のステージに立ちたいという目標があって、その後は武道館に立ちたいという目標があるんですよ。でもだからと言って、武道館に立ったことがゴールだとはちーっとも思ってないんですよ。アリーナだって立ちたいし、スタジアムにだって立ちたいんですよ、私たち」と、素晴らしい決意表明に会場内は拍手喝采でした。

最後の曲はこのツアーのタイトルにもなっている「Mr.Wednesday」を歌い上げます。疾走感溢れるメロディーが特徴的なこの曲は、PASSPO☆のRe:デビューにまさにふさわしい1曲です。

ここで急遽Wアンコール。PASSPO☆の本当のスタート曲でもある「Let it go!!」で、大盛況の中フライトは無事着陸いたしました。

来てくれたパッセンジャーのみに限らず、関係者も自分たちの虜にさせようという彼女たちの想いには頭が下がります。クルー全員の個性が見事に活かされている圧倒的なパフォーマンスにMC、飽きることのない曲のクオリティ。
そして、クルーのPASSPO☆に懸ける熱い想いが本当によく感じられました。その姿には終始鳥肌が止まらないほど。PASSPO☆を気になっている多くの人にこの一言を送りたいです。
「まずは、彼女たちのフライトを見に行ってほしい」と。それほどまでに素晴らしいものを見せてくれるのがPASSPO☆です。

sponsor link




「Mr.Wednesday 東名阪フライトツアー」
2016年2月24日 恵比寿リキッドルーム セットリスト

  • 1.Musical Party
  • 2.Pretty Lie
  • 3.7’s up
  • 4.Honey Dish
  • 5.サクラ小町
  • 6.君色のサンバ(玉井・岩村)
  • 7.Pock☆Star(増井・安斉・藤本)
  • 8.Shiny road(根岸)
  • 9.無題(森)
  • 10.「I」
  • 11.マテリアルGirl
  • 12.Cosmic You
  • 13.くちゃLOVE
  • 14.BABY JUMP~天国への搭乗便~
  • 15.Beast in You
  • 16.WANTED!!
  • 17.STEP&GO
  • 18.TRACKS
  • encore1
  • 1.少女飛行
  • 2.Mr.Wednesday
  • encore2
  • 1.Let it go!!


  • 写真:千田 俊明
  • 執筆:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶PASSPO☆取材レポTOPへ

sponsor link





突撃!LIVE取材レポ
[fua]
ページ上部へ戻る