sponsor link

sponsor link

PASSPO☆~史上最大の野外ワンマンフライト~ in 所沢航空記念公園 2016.11.19



PASSPO☆

PASSPO☆

ライブレポート

2016年11月19日。PASSPO☆が所沢航空記念公園にて「PASSPO☆的・野外音楽堂=所沢航空公園~史上最大の野外ワンマンフライト~」を開催しました。

2016年PASSPO☆最大級のフライト(PASSPO☆LIVEの呼び名)はメジャーデビューシングル「少女飛行」からスタート。キャリーケースを使うパフォーマンスは、空と旅をコンセプトにしているPASSPO☆ならではの演出です。

続いての曲はPASSPO☆のアメリカンガールズロックを象徴させてくれる「HONEY DISH」を届けます。「Pop-corn girl」の部分では会場にいるパッセンジャー(PASSPO☆ファンの呼び名)が増井さんと共に飛び跳ね、序盤とは思えないほどの盛り上がり。

MCでは会場である所沢にちなんで、所沢や埼玉を混ぜた自己紹介を披露。PASSPO☆らしさがよく表れている光景でした。

「7’s Up」はPASSPO☆の自己紹介ソング。各クルー(PASSPO☆メンバーの呼び名)紹介には、紹介される本人が客席に乱入するなど、パッセンジャーを楽しませる遊び心満載の演出はさすが。会場には7色の誘導灯(PASSPO☆サイリウムの呼び名)がこれでもかというほど光輝いていました。

ここからはPASSPO☆のもう1つの顔でもあるBAND PASSPO☆で届けます。親指を突き出したら準備OKの合図。根岸さんからも「パッセンジャーさんも準備が出来たら」と、準備中でもパッセンジャーを飽きさせないさりげない一言はこのグループの大きな魅力でもあります。

「WANTED!!」は会場のボルテージを上げるにはピッタリの1曲。イントロが流れるだけで歓声が起きました。メンバーコールが会場に鳴り響いたり、パッセンジャーも腹の底から声を出します。サビの振り付けを真似るパッセンジャーが続出し、落ちサビでは共に「WANTED!!」と歌う場面も。

バンドで聞くといつもと違うサウンドになる「Mr.Wednesday」は新たな曲の世界観を表現。バンドとなると楽器を担当しているクルーは動くことが難しいのですが、ボーカル担当の森さんが増井さんに絡みにいくなど、パッセンジャーにとったら嬉しい仲睦ましい姿を見せてくれました

クルーのテンションも上がり、ここで岩村さんから「もっと後ろの方まで遊びに行きたいから行こうかな」との一言に、パッセンジャーからは大歓声。宣言通り「いたずらRock’n’Roll」では岩村さんが後方の席まで出向き、遠くにいるパッセンジャーも楽しませてくれました。

BAND PASSPO☆最後の曲は11月23日発売のニューシングル「ラブリフレイン」。バンドサウンドにハマる1曲です。直前に岩村さんからの振り付け講座もあったことから、パッセンジャーもクルーと共に振り付けを真似ます。BAND PASSPO☆として新たな代表曲になること間違いなしです。

玉井さんと森さんのアカペラから始まる「I」。パッセンジャーも彼女たちの歌声に真剣に耳を傾けます。クルー同士で手を繋ぐ場面が多くあり、グループとしての絆を感じさせてくれる場面が多いのも注目のところ。彼女たちの想いが歌詞に乗せられている曲でもあり、この曲を披露している彼女たちの姿には鳥肌が立つほど。

「Next Flight」「WING」「BABY JUMP~天国への搭乗便~」では力強くかっこいい姿のクルーを見ることができます。中でも「BABY JUMP~天国への搭乗便~」はPASSPO☆の持ち味であるアメリカンガールズロックが染み出ている1曲でもあり、会場を熱気の渦に巻き込みます。

ここでPASSPO☆の盛り上がりソングNo.1と言っても過言ではない「マテリアルGirl」を披露。玉井さんが客席に乱入して座席に座るなど、クルーのテンションも最高潮に達します。誰もが簡単に真似できるサビの振り付けは、思わずクルーと踊りたくなってしまうほどです。

PASSPO☆楽曲の中でも人気が高い「Pretty Lie」は、この曲ならではのコールでクルーとパッセンジャーの一体感をとてもよく感じられます。フライトに欠かせない1曲です。

アンコールでは藤本さんが「バンバン」と言いながらパッセンジャーに向かって指鉄砲を撃ち放ちます。ツアーTシャツを着ている人は藤本さんに撃たれるという、今回のツアーで恒例となったパフォーマンスです。

アンコール1曲目は11月23日発売のニューシングル「ギミギミaction」でスタート。PASSPO☆にとって初の冬ソングとなっており、季節に合っている歌詞とメロディーにも注目したい1曲です。

ここでPASSPO☆から嬉しいお知らせ。
2017年は、
1月~4月にかけて11都市を回る「歌って踊って奏でるツアー」、
9月9日に日本青年館でのワンマンフライト開催が決定しました。

増井さんから「みんな日本青年館来てくれる?楽しみだね。そのために、今日ここに来た証を、所沢に来た証を残さないといけない」からの「STEP&GO」は、クルーもパッセンジャーも思いっきり動けて楽しめる1曲です。玉井さん、安斉さん、岩村さん、藤本さんがサビで自由に動き回る場面は必見。

最後の曲の前に根岸さんから「本当にこの7年いろいろありましたけど。でもね、PASSPO☆の曲はどんな形になってもずっとずっとみんなに届けていきたいなと思います」と想いを込めて話していました。

最後はPASSPO☆の始まりの曲「Let It Go!!」をBAND PASSPO☆で締めくくります。ここでパッセンジャーからのサプライズ。青と白のサイリウムで空を作れば、空の中に7色の色紙が掲げられ、パッセンジャーお手製の「PASSPO☆ 7th ANNIVERSARY」のポップもあり、これにはクルーも驚きと喜びを隠せません。

曲披露が終わると森さんから「7人でこうやってさ、野外でやれるのってさ、すごく嬉しくない?ずっとさ、頑張ったじゃん。頑張ったって言うのはおかしいけどさ。7人で頑張ろうって言ってさ、Sold outできてさ、すごい嬉しい」と涙ながらにコメント。パッセンジャーからも大きな拍手が送られます。

玉井さんからも「自分たちが信じた道を行くのすごく大変だけど、すっごい幸せってことをみんなに知ってほしいです。本当にありがとうね」とパッセンジャーへ感謝の想いを伝えていました。

安斉さんからも「楽しみだね、これからのPASSPO☆」とPASSPO☆の明るい未来を感じさせてくれる一言。

PASSPO☆に人生を懸けていると言っても過言ではない7人のクルー。その熱い想いはこの2時間半のフライトすべて込められていました。2017年も彼女たちの活躍から目を離せません。

sponsor link




所沢航空記念公園
2016年11月19日 TSUTAYA O-EASTセットリスト

  • 1.少女飛行
  • 2.HONEY DISH
  • 3.LA LA LOVE TRAIN~恋の片道切符~
  • 4.Cosmic You
  • 5.7’s Up
  • 6.WANTED!!(BAND PASSPO☆)
  • 7.キャンディー・ルーム(BAND PASSPO☆)
  • 8.Mr.Wednesday(BAND PASSPO☆)
  • 9.いたずらRock’n’Roll(BAND PASSPO☆)
  • 10.ラブリフレイン(BAND PASSPO☆)
  • 11.Perfect Sky
  • 12.「I」
  • 13.Next Flight
  • 14.WING
  • 15.BABY JUMP~天国への搭乗便~
  • 16.マテリアルGirl
  • 17.くちゃLOVE
  • 18.Pretty Lie
  • 19.TRACKS
  • 20.バチェロレッテは終わらない
  • 21.Fairy Tale
  • encore1
  • 1.ギミギミaction
  • 2.STEP&GO
  • 3.Let It Go!!(BAND PASSPO☆)


  • 写真:山本 ヤスノリ
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶PASSPO☆取材レポはコチラ

▶▶取材レポTOPに戻る

sponsor link





突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る