sponsor link

sponsor link

アイドルフェス in スポーツ・オブ・ハート2015取材レポ

アイドルフェス in スポーツ・オブ・ハート2015ライブレポ

ライブレポート

2015年10月17日と18日の2日間に渡り、国立代々木競技場を中心に開催された「アイドルフェス in スポーツ・オブ・ハート2015」を今回は取材させていただきました。

レッドステージ・ブルーステージ・グリーンステージ・ブラックステージ・イエローステージの全5ステージに、総勢100組以上のアイドルが勢揃い。なんと10時間以上にも及ぶイベントとなり、2日間とも大盛況となりました!

17日は生憎の雨予報。そのため、天気を気にする出演者が多く見られました。しかし、11時から各ステージが始まると、あれほど天気予報が雨マークだったにも関わらず、雨は一滴も降っていません。時間帯によっては晴れ間も見れ、出演するアイドルたちのパワーと熱気で、天気すらも変えたように思えるほどでした。

18日は前日と打って変わって快晴。昨日の盛り上がりそのまま天気にも反映されているのかと思うほど。快晴というのもあってか、前日より明らかに多くの人が来場されていました。天気のよさにステージの熱気も含めて、10月にも関わらず汗をかくほどの暑さ。どのステージも午前中から多くのお客さんで溢れかえっており、午前中とは思えないほどの熱気と盛り上がり!それにこたえるように、出演されるアイドルたちも熱の入ったパフォーマンスを見せてくれました。

出番前や出番後は、多くのアイドルたちがチラシ配りを。道行くかたに積極的に声をかけ、中には話し込んだりするアイドルもいるほど。1人でも多く自分たちを知ってもらおう、1人でもLIVEに来てくれるお客さんが増えたらと、アイドルたちの様々な想いが、手渡すチラシ1枚1枚に込められているような感じがしました。取材陣である私にもチラシをくれたアイドルもいて、その節はありがとうございます(笑)

出演されたアイドルが他のアイドルのステージを観ている場面にも多く遭遇。真剣にパフォーマンスを観て勉強されているアイドルもいれば、憧れの人というのもありお客さんに混じって一緒に楽しんだりなど、様々な姿が見られました。

今回出演されたアイドルはジャンルもメンバー数も様々。王道アイドルを始め、メタル要素を取り入れたアイドル、ロック色が強いアイドル、高いダンスパフォーマンス力を持つアイドルなど、同じアイドルは1組すらいません。それぞれが独自のコンセプトを持っており、どのアイドルのステージも見入ってしまうほど。1組につき15分~30分ほどの出演時間なのですが、本当にあっという間に時間が流れてしまいました。

アイドルファンは男性ファンが多いように思えますが、今では女性ファンも珍しくありません。女性ファンも多く見られ、男性ファンに負けじと、アイドルに声援やコールを送ったりする姿がなんとも印象的。老若男女問わず、幅広い世代が今回のイベントには来場されていました。アイドル戦国時代と言われていますが、もはやアイドルは一種の社会現象とも言えるでしょう。

今回出演されたアイドルのみなさん、そして取材協力をしていただいたアイドルのみなさん、本当にありがとうございました。
(筆:鈴木 唯)

各アイドル名をクリックすると、ページ下に取材レポが表示されます。
※写真が見えない場合、スクロールしてください。

取材アイドル

17日その①

18日の模様はこちら

★WenDee★

ぷちぱすぽ☆

★神宿★

★Ange☆Reve★

★Chu-Z★

★アイドルカレッジ★

★PaniCrew★


  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志





突撃!LIVE取材レポ
[fua]
ページ上部へ戻る