sponsor link

sponsor link

わーすた定期ライブ 「わーすたランド わ-5」 in WWW X 2017.3.29



わーすた

わーすた

レポート

2017年3月29日。わーすたが渋谷WWW Xにて「わーすたランド わ-5」を開催しました。

この日はわーすた結成2周年当日。会場にはそんな彼女たちをお祝いしようと、多くのわーしっぷ(わーすたファンの呼び名)が駆け付けていました。

定期公演は「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」からスタート。会場が揺れるほどの盛り上がりを1曲目から見せます。この曲はトリケラトプスを倒すストーリーなのですが、最後にチョコびーむで見事倒すとわーしっぷからは大歓声。メンバーと共に楽しめる楽曲でもあります。三品さんがピコピコハンマーを客席に投げる演出もあればわーしっぷは大興奮。

続いては、2ndシングル「ゆうめいに、にゃりたい。」を届けます。Bメロからテンポが徐々に上がっていき盛り上がり見せる1曲に仕上がっています。サビではメンバーと共に振り付けを真似るわーしっぷが続出。間奏ではパラパラを披露してくれるのも注目な点です。

「ワンダフル・ワールド」ではメンバーコールも響き渡り、盛り上がりが衰える気配は全くありません。わーしっぷもわーすた結成2周年をお祝いするかのように、大きな声援を彼女たちに送ります。

MCを挟んでからは「Doki Doki today」を披露。恋をしている女の子がテーマの歌詞になっており、かわいらしい楽曲に仕上がっています。メンバーもキュートな姿を多く見せてくれ、わーすたのかわいさに会場はどんどん酔いしれていきます。

「好きな人とか居ますか」では廣川さんと三品さんの2人で歌い上げます。切ない歌詞とその世界観を彼女たちも表情で表現。どこか大人らしさを感じるその表情には思わずドキッとするほど。

ここでステージには再び全員が登場。「らんらん・時代」もわーすたの中でも大人らしさを感じさせてくれる1曲。「らんらんらんららん」では多くのわーしっぷがメンバーと共に踊っていました。

ここでビジョンにはわーすたの歴史が映し出されます。メンバーやわーしっぷにとっても懐かしいものばかりだったのではないでしょうか。

メンバーがステージに現れるとそこには新衣装を纏った5人の姿が。ここで新曲「Magical Word」を披露します。イントロには日本の和を感じさせてくれるテイストもあり、歌詞にはわーすたの各メンバーが勉強している外国語のフランス語、英語、中国語、韓国語が入っているのが特徴。世界に標準を合わせて活動しているわーすたにぴったりの1曲です。

ここで「わーすたイメージ調査2017」を実施。これは事前にTwitterでわーしっぷにメンバーのイメージを投稿してもらったとのこと。この日の定期公演は2部制というのもあり、1部では坂元さんと三品さんの2人のイメージ調査が報告されました。2部では廣川さん、松田さん、小玉さんの3人。その3人のイメージは以下のようになりました。

廣川さん:アイドルオタク、泣き虫、すごくいい香り、いつも口が開いている
松田さん:たまご、あざとい、四字熟じょ、絵がうまい
小玉さん:お姫様、笑い声がかわいい、大玉さん、すぐ寝る

MC後は坂元さん、松田さん、小玉さんで「にこにこハンブンコ」を披露。この曲では3人が先生になって、わーしっぷは3歳になって楽しむ1曲です。3人の先生によるパフォーマンスで会場は笑顔に包まれました。

アップチューンナンバーの「グーチョキパンツの正義さん」で会場のテンションをさらに上げていきます。リズムに乗りやすいメロディーに仕上がっており、特徴的な歌詞にも注目。間奏では笑顔溢れるパフォーマンスを見せてくれました。

「NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2」では曲名通り、魚などに関する歌詞が多く登場する楽曲。メンバーも軽快な動きを見せ、魚を思わせてくれる振り付けも多く取り入れられています。

わーすたの盛り上がり必至ナンバーである「いぬねこ。青春真っ盛り」で会場のボルテージは最高潮に。この曲ならではのMIXやコールも起き賑わいを見せます。わーしっぷもメンバーと共に歌う場面があったりと、会場は1つにすると言えばこの曲に間違いありません。

終盤も近くなり、ここで彼女たちが持ってきた曲は「約束だから」。疾走感あるパンクロックナンバーです。サビでの小指を上げる場面では数え切れないほどの小指が上がっていました。間奏では小指が中央に集まり、グループとしての確かな絆を感じさせてくれます。

廣川さんからは「2年前の今日が結成されますって発表された日なんです。そのときは2年後とか全然想像していなくて、でもなんかみなさんのおかげで1歩1歩進めている気がします」とのこと。
小玉さんは「2年前はただ目の前のLIVEとかを必死でやっていて、将来とか全然考えてなくて。今はわーすたっていうグループでLIVEして楽しいなっていうみたいな感覚だったけど、
2年経ってこうやってワンマンとかでこういう景色を見ると、もっとみんなといろんな会場行きたいなとか、もっとみんなが喜んでもらえることしたいなって、将来のことを考えうようになったね」
と話されていました。

そんなわーしっぷへの感謝の想いから届けるのは「ちいさな ちいさな」。彼女たちにとっても想い入れの深い曲でもあり、1つ1つの歌詞を丁寧に歌っていきます。
わーしっぷからのクラップは、わーすた結成2周年へのお祝いにも感じるほど。間奏でメンバーが手を繋ぐ場面では、この上ない最高の笑顔を見せてくれました。

最後は4月19日発売の3rdシングル「Just be yourself」で締めくくります。壮大なスケールを感じさせてくれる幻想的なメロディーに、メンバーの優しい歌声とのマッチ度が抜群。最後の最後まで全力のパフォーマンスを見せてくれました。

アンコールでは「いぬねこ。青春真っ盛り」を再び届け、大盛況の中LIVEは終演。

わーすたは4月22日に自身最大級の会場となるZepp DiverCity TOKYOでのワンマンLIVE開催が決定しています。

sponsor link




「わーすたランド わ-5」

2017年3月29日 渋谷WWW Xセットリスト

  • 1.うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ
  • 2.ゆうめいに、にゃりたい。
  • 3.ワンダフル・ワールド
  • 4.Doki Doki today
  • 5.好きな人とか居ますか(廣川・三品)
  • 6.らんらん・時代
  • 7.Magical Word
  • 8.にこにこハンブンコ(坂元・松田・小玉)
  • 9.グーチョキパンツの正義さん
  • 10.NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2
  • 11.いぬねこ。青春真っ盛り
  • 12.約束だから
  • 13.ちいさな ちいさな
  • 14.Just be yourself
  • encore
  • いぬねこ。青春真っ盛り


  • 写真:曽我 美芽
  • 記事:鈴木 唯
  • ネクスト・スターライト総合プロデューサー:河上 明志

▶▶わーすた取材レポはコチラ

▶▶取材レポTOPへ

sponsor link





取材ライター募集
突撃!LIVE取材レポ

ログイン

ページ上部へ戻る